memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

Chemroad Journey 座礁

2017-07-12 10:31:20 | 海事

 

611日、ベトナムのプーキー島近くの南シナ海で、長さ174メートルの33526 DWTタンカーChemroad Journeyが座礁した。(612SWL)

 Chemroad Journeyは、岩底の上に上がったときに、化学物質(ブタナール、エチレングリコール、モノエタノールアミン)30万トンと燃料油800トンを積みAl Jubailから珠海に向かっていたもの。

タンカーはバラストタンクに船体損傷を受け、海水が浸入た。これを制御できないため、Chemroad Journeyは左舷15度の船体傾斜をさせた。27人の乗組員の負傷に関する報告はありません。27人お乗組みに負傷者はいない。

当局は、公害発生に対する強い懸念があると述べている。 対応チームは状況を監視し、船舶の所有者との協調作業を行い、その地域の物的損害および環境汚染を防止していた。 報告書には、日本のサルベージがタンカーを調査して救助する契約を結んでいると書かれている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Damia Desgagnesが座礁 | トップ | 入札で確保されたカニ漁獲枠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む