memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

泥土の輸入許可はしていないと ベトナム通産省

2016-10-13 08:10:52 | 亜細亜海道

HÀ NỘI 発:– ベトナム通産省 (MoIT) は昨日、Hưng Nghiệp Formosa Hà Tĩnh Steel Corporation社による中国からのボーキサイト残土の輸入は許可していないと表明した( 9月20日VNN)

これに先立つ9月15日中部の省は160トンの残土が中国大連港から船でVũng Áng 経済区のSơn Dương 港に運び込まれたことを確認している。ここに Hưng Nghiệp Formosa Hà Tĩnh Steel Corporation社〈別名 Formosa)の本社は個々にある。

初期調査の後当局はこの船で装備や機械類が含まれていたこを把握、これには管轄官庁による許可と税関検査が必要である。この物は赤土ではなくボーキサイトをアルミナにする際の副産物であり、環境汚染を引き起こすことが確実であると。

Vũng Áng 港税関支署次長Nguyễn Xuân Minhによれば輸入されたものは耐熱性のあるもので無税輸入のためにはMoITの許可が必要である。「今の時点で、この買いshが禁制品を輸入したとは言わないが、さらなる調査で、この残土に有害物が混じっていれば 、会社は全責任を取らねばならない」と発言。

報道陣に対してFormosaの代表者はこの品の適法性に関する書類調査には全面的に協力すると。この物質な名称は輸入書類には”泥”と記載されているが建築では”粉体”と呼ばれているものであると。中国語から英語、そしてベトナム語に翻訳の際に誤りがあったかもしれないと代表者は言い、これまでにも同じものを輸入しているという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中越が海事協力を強化する | トップ | スモークサーモンにリステリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む