memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

魚詐欺:  誤魔化しをどう見破るか

2016-10-31 00:07:37 | 

SAN LUIS OPISBO, Calif.発:魚は友達だ、食べ物ではない。貴女がニモを探すサメならそうであろう。しかし多くの人々にとってはそうではない(9月27日KEYT)

「我々は夏場であればPismo Beachで毎日150ガロンを売りさばくとクラムチャウダーで有名なSplash CaféのGMのDerek Davisはいう。.

多くの顧客は地元の産品を求めたがる、しかしDavisは消費者らは注意すべきでいつも彼らが思っている品が提供されるわけではないことを。「カルフォルニアでは地元産というものは北カルフォルニアから南の名はカルフォルニアやメキシコまでのことを意味している。新鮮な地元のキハダを望んでもそれらはバハカルフォルニアやメキシコで漁獲されたものが運ばれてきたものである」とDavisはいう。

最近のOCEANAグループの調査によると水産物誤表示あるいは水案物詐欺が世界中で大きな問題になっているという。調査によれば25,000件のサンプル試験の結果そのうちの20%が誤表示であるという。

Daivisは水産物の購入の場合そのパッケージに注意すべきであるという。彼が供給を受けているSanta Monica Seafood の場合はその魚がどこから来たものかはっきりと箱に記載されている。「魚の由来をたどることが可能で、漁獲後何日たったものかも知ることができる。しかし消費者らはそうした情報が得られることを知らないでいる」とDavisはいう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20年間のフグ食禁止令を解除... | トップ | GREIG社が最大規模のサケ屋内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事