memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

地中海漁業計画を提示  EU審議会

2017-03-21 00:02:24 | 水産・海洋

環境、漁業、海事問題コミッショナーのKarmenu Vellaは、小規模な遠洋漁業のためのアドリア海の複数年次計画をAGRIFISH評議会の閣僚に表明した(3月7日FF)

この提案は、委員会が共通漁業政策の改革以来、この事例では特にアンチョビとイワシに適用している第3回目の複数年次計画である。

EU委員会によれば、これも地中海で初めてのことであり、もし完全に実施されれば、漁業者の労働条件の実体的な改善をもたらし、収入の増加が期待される、資源をを20%増やす可能性があり、収入増加は5%、収益が10%向上することw期待しているという。

「この計画は、欧州委員会の漁業管理アプローチにおいて画期的な出来事であり、93%の魚資源が過度に搾取されていると評価されている海域では、漁業の長期的な可能性が依然として可能になることを示している。 この計画がなくても、2020年から2030年にかけて、アンチョビーとイワシの資源が崩壊する可能性が高いと予測している。

行動の勢いは、地域の重要な共有漁業資源を保護するための政治的所有権の統一とガバナンスの強化を目的としたCatania Processと委員会のキャンペーンMedFish4Everの開始により、2016年初めから成長している。このプロセスは、第三国との一連の高水準の議論、資源の状況、健全な漁業を回復させるための努力と協力の強化の必要性についての触媒となっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広東省は、地元漁業をカット... | トップ | 赤い縞模様が再び出現   ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む