memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

いい魚だが漁は薄い    アイスランド

2016-11-26 00:07:23 | 水産・海洋

表層漁船が西アイスランド一帯を探してはいるが、アイスランド夏産卵ニシンはいまだ漁場に定着していない(11月5日FiskerForum)

 「我々は探索を続けてはいるものの、まだ回遊の主体をとらえていない。状況はゆっくりとしている。 漁獲できたニシンは格段に大型で、品質も良く、体重は320-340grある」と HB Grandi’s 社表層漁船 Venusの船長Guðlaugur Jónssonはいう。本船は現在, 940トンのニシンを積んでVopnafjörður に向かっている。

この漁獲は7回でReykjanes 半島の西沖で行われた。T Guðlaugur Jónssonは今晩 Vopnafjörðurに入港予定という。彼はアイスランド有数の船長の一人であるが、かれは今のところ夏季産卵ニシンは十分な量には達していないという。

「夜から朝にかけて良好な群れに当たり150トンから300トンの漁獲を得た。しかしその後広範な海域を捜索したものの群れは消滅しした」と彼はいう。3年前にはニシンがBreiðafjörðurに移動したことがあったという。

この航海はVenusのこの秋の2度目のニシン操業で、初回の水揚は1050トンであったという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サバ価格が高騰、天井値を突... | トップ | インドへの5キロの金密輸で2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事