memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

2018年にブリストル湾のベニサケが勃興する見通し

2017-12-14 00:07:08 | 水産・海洋

 

世界最大のベニサケ漁業はますます大きくなっている。来年ブリストル湾で行われるレッドランは、5,130万匹と予測されている。そうなればすれば、10年平均より18%高く、長期平均よりも41%高い漁獲となる(1120ADN

昨年の湾内のベニサケ来遊はトップ5に入っており、特に西側ではいくつかの河川で急増していた。そしてそれ以上のことが予測されている。Tim Sandsは、最近の暖冬は、赤ちゃんサーモンにとってより良い条件を提供していると言った。

「早い溶氷、遅い氷結...それらの高い上層の湖で余分な成長時間を持つことで、それらの魚はより健康で、より大きく、より競争力のある海になった」SandsDillinghamKDLGに語った。

生物学者らは、ブリストル湾のべにさけ来遊を予測することは難しい科学だと認めている。この過去の夏、例えば、予測された魚の42%が回帰し、37%の高い漁獲量が得られた。

ブリストル湾の管理者は、5つの地区の9つの河川システムからのサーモンデータを使用して、2001年以来の収穫予測で平均誤差は14%であった。

来年の夏の南東アラスカでのpink salmonの予測はあまり強くない。アラスカのフィッシュアンドゲーム部門のマネージャーは、10年間の平均3800万魚未満の2300万のhumpiesを捕獲すると予測している。生物学者たちは、異常に温かい水温が魚の生存率を低下させ、「不確実性」を感じていると語った。2014年から2016年まで海に降りたピンクサーモンは、予想を下回り、最近の奇数/年の平均を下回っている。

投資家は遺伝子組み換えサケで損失

人工サケは投資家のためのフロップであることが証明されています。遺伝子組換えアトランティックサーモンのメーカーであるAquaBountyは、自社株の売却による2000万ドルの調達を目指して利益を上げることはできないと認めている。

Seafood Source は、AquaBountyが米国証券取引委員会(SEC)の提出書類に今月初めにコメントしたと報じている。遺伝子組換えサケの成長を促進するための数十年間にわたる研究プロジェクトは、同社が提出した「重要な損失」を引き起こし、「近い将来に損失を予測している。

ナスダックのAquaBounty株式は、11月初旬の5.18ドルで1月の20ドル以上から下落した。同社は、来年から年間1,300トンのGMサーモンを生産する計画だという。(以下省略)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LNGタンカーFEDOR LITKEの衝... | トップ | 大規模な魚の詐欺が、漁業者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事