memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

地球の温暖化で魚の毒性が増す、と専門家はいう

2017-02-12 00:31:32 | 水産・海洋

地球の温暖化により我々が食べている魚の水銀毒性が高まると専門家らはいう(1月28日Sunday Herald)

降雨や降雪の増加により有機物が北半球の広い範囲で水棲生態系に流入する。スエーデンでの研究によればこれにより動物プランクトンや微小海洋生物への影響が食物連鎖を通じて7倍になるという。

捕食される小生物の水銀は大型魚において十分な濃度に到達する。例えばマダラなどでは人体に被害を与えることが予測される。水銀は神経を冒す。子供は、脳や神経系が子宮内で発達している間に、魚由来の水銀に曝されると特に危険にさらされる可能性があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乱獲によりマイワシが消滅する | トップ | 横須賀市沖で米イージス艦座礁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事