memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

ニューファウンドランドにマダラが戻ってきた   カナダ(1)

2017-04-06 00:09:13 | 水産・海洋

写真はAnchor point で漁船KMKA Voyagerの前に立つTheodore Genge 、彼は美しい底引きの新船を所有し、Anchor Pointの海氷が解け次第、ラブラドルに向かう(3月24日National Post)

この63歳のニューファウンドランドの漁師は220万ドルの漁船建造を2年前に始めた、彼のエビの漁獲枠は750,000ポンドであった。しかし、ラブラドールの冷水エビの急激な資源減少により、カナダ漁業海洋局は沿岸のエビ漁獲枠を急激に減少させた。

Gengeは、4月まで30万ポンドの枠を残す予定でセント・ローレンス湾のそれを22万ポンドと計画。そこには依然大量のエビがおり、8万ポンドをラブラドルとした。 「今は、非常にストレスである。これに望みがあるのかないのか」と。

「しかし、漁業はまあこんなものだ。自分14歳のときに漁業を始めた。その前に1年でもよいときはなかった。自分は生き残った。Gengeこの釣りを始めました。 あなたが始める前に一年も良かったことはありませんでした。 私は生き残った。漁はそうしたものだ」と。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漁業者が魚保護の工夫で国際... | トップ | カナダの魚表示の改善 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事