memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

新しいまき網兼刺し網漁船が進水

2017-07-14 00:02:33 | 水産・海洋

同じ名前を持つ新漁船Inger Kristine HM-17(Rasmus Olsenの3番目のボート)は、BredgaardBåtværftによって建造された。 古い木製のボートで5年間釣りを成功させ、新船を考える時間がたっぷりあり、その結果は全長で14.99m、幅6m、型深さ2.17mの新船の魚倉は44m2(6月17日FF)

艤装には、電気式ウインチとTMP 300Lデッキクレーンが含まれている。また、手作業や重量物の持ち上げを最小限に抑えるように慎重に設計された漁獲処理設備がある。主エンジンは213kWJohn Deere製。

Rasmus Olsenは、Inger Kristineの艤装の最後の段階でBredgaardヤードで最後の3ヶ月を費やした。ボートが完成すると操業を中断した後、彼は新漁船海に乗り出すことを切望している。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の中産階級の成長ででサ... | トップ | きれいな排気の漁船団 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事