memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

ペルーのトラウトが日本市場に

2017-02-22 09:19:42 | 

一年の始まりのこの時期にペルーからのサーモントラウト“salmon-trout”が初めて大阪豊中市のマルヤス・スーパーに登場乗した(2月8日SfS)

日本の消費者は、チリからの通常の「サケ・マス」のラベルが間違っていると容易に推測したかもしれない。この魚は、アンデス山脈の高い標高のチチカカ湖で養殖されている。 そして、タイミングは日本への紹介のためにちょうど良いようだ。

 “Salmon-trout” は日本での和製英語で日本語はニジマス、日本人にはなじみののある養殖rainbow である。ニジマスは銀鮭と一緒に、元来、チリの大西洋サケの大部分が感染性サーモン貧血(ISA)で撲滅された後、2007年に日本や他の場所で導入された。その危機と2003年の研究論文、「太平洋サーモンの感染性サーモン貧血ウイルスに対する相対的抵抗性」 (Rolland and Winton, 2003)はいくつかの種のニジマスと太平洋サーモンがこのウイルスの保菌者となりうるが、どちらも耐性であり、ISAの陰性症状を示さないと。

このISA耐性は、チリのより多くの銀鮭と海洋産のニジマスに多様化をもたらした。日本の消費者は特に彼らの好みのマスを見つけ、他のサケよりも好む傾向がある。「“salmon-trout”という言葉は、日本人がサケの代わりに自由にマスに切り替えるこことを導く助けとなっている。しかし、この選好を確立して、チリはもはや日本の需要を満たすことができない。現在、中国、ロシア、ブラジル、米国からのマスの需要が高まっており、高価なアトランティクサーモン^の代用品としても使用されている。(中略)

日本市場に2016年に参入したのはPisces Peru Trout者であり、同社はすでにCanada,  U.S., Norway, Sweden および Franceに輸出している。

日本への販売は2014年は,3.91億円 (USD 3.4 million, EUR 3.1 million)で数量は390トンであった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貨物船が運航不能に   カ... | トップ | メキシコのマグロ企業のオー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事