memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

エビ漁業の構造改革の約束はいまだ果たされてはいない  タイ (2)

2016-10-16 00:34:12 | 水産・海洋

 またAP 通信はバンコック郊外のSamut Sakhon にあるGigエビ剥き場の奴隷労働に焦点を当てた。ここではTin Nyo Win, 22歳がその妻とともに閉じ込められていて、1日16時間労働を強いられ,エビの内臓抜き、頭や尻尾の除去作業をしいられた。このエビが供給網に乗り米国のメジャーなスーパーマーケットやケRed Lobster, Whole Foods やWal-Martに輸出された。

Winは内部告発者であり、彼は警察に通報、警察は加工場に乗り込み100に二条を救出した。

こうした事態に呼応しタイ国政府は人身売買の被害者や目撃者らは彼らの事案の調査が完了するまで1年間タイ国内に滞在し働くことができると発言した。今年米国国務省はタイ国の改革を称賛し、国際人身売買ブラックリストから外した。

こうしたタイの改革は、文書によれば、Win のような内部告発者に対し2,800ドルを与え、被害者補償、境域、雇用及びその他の支援を与えるとした。Those まったくの空約束だとWinはいう。彼とその妻は時折は食料さえも与えられないという。

Samut Sakhon警察副司令官のPrasert Siriphanapitat大佐は, Tin Nyo Win の事案に関しては作業場の持ち主と5人が告発されたという。すべてが明るみに出た。

昨年虐待に対する商品ボイコットに対し主要な水産物生産グループや認証機関は労働者を社内労働に切り替え保護すると決定した。エビの一次加工からの調達を禁止した。ところが、依然数十の一次加工場が輸出業者のために操業を続けている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貨物船Mustafa Kanが沈みつつ... | トップ | 難民の162遺体が引き揚げられ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む