memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

エビ漁業の構造改革の約束はいまだ果たされてはいない  タイ (3)

2016-10-17 12:06:20 | 水産・海洋

エビの殻剥き作業場はありふれた風景の中に隠されている。そのうちの一部は大型の工場の中にあるが、その他はガレージのようなものである。労働者の支援者らは労働者らは債務に縛られれ、労働者らは労働でそれを返済し、その後移送されるという。それらが強制労働ではないという見落としがある。

AP通信は最近 Samut Sakhonにある一握りのエビ加工小屋を訪ねた。その一部は今はエビ工場と銘打っていた。労働者らは住宅街や壁の後ろでトラック何台分物エビの殻剥きし市騒がしかった。

「毎日何トンものエビを処理する」とBoonchai Seafood 社の役員Taweesak Suralertrungsonはいう。「我々は100%規則に従っている」という。

 Boonchai社で見た書類では ここでは米国の主要輸入業者であるMAY AO社向け加工をタイMay Ao Food Co社のために行っている,またAqua Starや and H&N Foods Internationalに対しても加工している。. May Ao社の自社ブランド"May Brand''はKrogeryasonotanoスーパーマーケットを通じ販売されている。

Boonchai ではこの日107人がエビの殻剥きや内臓抜きに氷詰めのバスケットの前で作業していた。Mr Taweesak は日給は一人当たり300 baht ($8.50)支払っているという。冷却された倉庫の中で作業者らはギュ手袋、エプロン、ブーツを履きステンレス製のテーブルに向かっていた。

新しい政府の監督により、Boonchaiの労働者らは今年保険、住居手当、時間当たり賃金を受けているとMr Taweesakはいう。しかしその同僚は労働者らは合法的であるとの書類を受けるとそのほとんどが退職してしまうと嘆く。「彼らはやむを得ない以外はこのじめじめした匂いのする場所で働きたくないのだ」とアシスタントのJamras Goyariはいう。

 Boonchaiの操業は政府の監査に合格した。産業界は仲介者排除を約束している。(以下省略)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難民の数が700人を超えた  ... | トップ | ロブスター漁規則を点検  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む