memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

シシャモが大漁 アイスランド

2017-03-20 11:30:06 | 水産・海洋

現在、Snæfellsnes沖のシシャモ漁業は活発で、アイスランドのいくつかの加工工場では、シシャモ魚卵の生産が本格化しており、シーズンは終わりの兆しは見えていない。(3月7日FF).

HB Grandiの表層漁船’ Venus は現在1600 ~ 1700 トンおシシャモを積んでAkranes 港にいる。このシシャモは魚卵の抽出や冷凍に回される。スキッパーのGuðlaugur Jónsson はVenus de Akranesに向かう途上3回の操業でこの漁獲を得たと語った。‘彼は漁場には大量のシシャモがいるといい、その量を増えていることはあ㎡違いないという。

「これまでの西方へン回遊についてはいまだ何も聞いてはいないが、それは過去数年と同じように現れるはず。 今シーズンはさらに10日間持続するはずで、自分はそれがそれよりも短くなるとは思わない」と彼は語った。

Síladvinnslanの船団はアイスランドの西方で操業中で、そのシシャモ卵の生産はから漁獲されており、そのカエデロネの生産は、Helguvík とNeskaupstaðurで行われている。. Neskaupstaður工場はBörkurの水揚を完了し、現在Margrétの水揚に取り組んでいる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスロへの水産物空輸航路計... | トップ | バナメイエビ養殖の利益はブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む