memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

国家フィッシュ&チップの日:なぜ持続可能な魚を提供するチッピーを選択する必要があるのか

2017-06-15 00:02:47 | 

マリン・スチュワードシップ・カウンシル(MSC)の英国商業マネージャーとしての私の仕事の面白さの1つは、私がたくさんの魚やチップを食べることだ。一年を通じて、私は英国を旅行して、持続可能な魚の使用のためにMSC認定を受けている、またはチップ認証を取得したいチップショップやレストランを支援している。

ある日、私は証明書を得るために賞を授与されるかもしれない。次は同じ店にハドックを供給した漁業会社に行った。生涯にわたるシーフード愛好家や元シェフのように、私が食べる魚がどこから来たのか知っていて、それがどうやって獲られているかは本当に重要だ。

しかし、誰もが、この「海から皿へ」の旅を見ることができるほど十分幸運なことではない。だから、なぜ我々は持続可能な魚を選ぶべきか?さらに重要なのは、魚が持続可能かどうかをどうやって知るのでしょうか?世界の海洋のほぼ3分の1が過剰漁獲されている。これが続くと、最終的に一部の種が完全に消滅する可能性があります。

MSC認証を受けている水産物は、過度に開発されていないため、持続可能な水準を維持することができる。つまり、将来にわたって人々に長く食糧を供給し続けることができるという意味である。簡単に言えば、MSCの青いラベルを選ぶことによって、あなたは何世代にもわたって多くの魚があることを保証するために余計な努力をした漁師を支援することになるのだメニュー、スーパーマーケットのチラー、冷凍庫、または魚カウンターをブラウズすると、魚介類に関する倫理的主張に圧倒される可能性がある。

MSCの「ブルーティック」エコラベルは、あなたの魚が厳しい持続可能性基準を満たしている漁業から漁獲されていることを確認するためのもので、漁船から輸送トラックまたは食他の上まで完全に追跡可能である。

英国で食べられている人気のあるMSC認証魚種は次のとおり。

マダラCod: from Iceland and Norway

ハドックHaddock: from Scotland (North Sea)

ヘイクHake: from Cornwall

エビ: from Canada, Greenland and Norway

マグロ: from The Maldives and Western Central Pacific

これらは地球にもコストがかからない。手頃な価格のフィッシュフィンガーらネイティブのイギリスのロブスターまで、幅広い範囲が多くのスーパーマーケットで利用可能である。Sainsbury'sWaitroseTescoAldiLidlは、特にMSCの魚を多く提供するために尽力している。世界中の漁業の尽力により、100以上のMSC認証種が選べる。

ナショナル・フィッシュ・アンド・チップ・デイに、自分はチップスをを強調したかったのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペルーが勝者に:  NZ対中... | トップ | ストライキの影響 アイスラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む