言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党、日銀法改正を正式に検討開始

2010-11-13 | 日記
Economics Lovers Live」の「[経済]民主党、日本銀行法改正の正式検討手続きに入る

素晴らしい。基本的な方針は大賛成ですので、どうかよろしくお願いします。

http://blog.guts-kaneko.com/2010/11/post_554.php

引用
 われわれの提案する日銀法改正案は、こちらにもありますように、

①米FRB(連邦準備制度理事会)を見習い、日銀による金融政策の目的に「雇用の最大化」を盛り込む

②物価安定目標(インフレターゲット)政策を導入する

③総裁、副総裁、政策審議委員等の選定のあり方を再検討(透明化など)する

 以上の3点を中心としています。


 民主党が日銀法改正を正式に検討し始めた、と書かれています。




 「デフレの脱出策と日銀の説明責任」で述べたとおり、日本銀行の政策に対して (まったく) 疑問がないわけではなく、その意味で法改正を目指す、というのはわかります。そして、その観点からすれば、たしかに「素晴らしい」といえると思います。

 しかし、「クルーグマンの比喩「子守協同組合」」で述べたように、金融政策のみでは限界があることも確かであり、また、(予想外の方面で) 思わぬ弊害が現れないともかぎりません。



 日銀法改正が「素晴らしい」といえるのかは、その影響の度合いを複合的に考えなければならないので、(私には) わかりませんが、

 「検討する」こと自体は「素晴らしい」と思いますし、期待したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国共産党の官僚化=エリー... | トップ | 中国共産党は分裂しない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。