言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

軍事を軽視する経済大国、カルタゴの末路

2009-05-24 | 日記
是本信義 『経済大国カルタゴ滅亡史』 (p.15)


 紀元前八~三世紀、北アフリカを本拠とする経済大国カルタゴは、「地中海の女王」と呼ばれてその繁栄を誇っていた。
 滅亡した母国フェニキアのあとを受けつぎ、地中海貿易をはじめとする広い商業活動により、古代世界の富のほとんどを独占していた。
 無限の経済力と莫大な資産を持つこの商業帝国は、やがて高度文明の末期的退廃をしめし、国家建設の民族的精神を失ってしまい、いたずらに個人主義、利己主義、功利主義、そして経済至上主義に走るようになった。
 とくに、その富をまもるべき安全保障政策を軽視した結果、三回にわたる「ポエニ戦争」により、かつては歯牙にもかけなかった新興国ローマに滅ぼされてしまった。
 カルタゴを滅ぼしたローマは、それを機に地域国家から世界的大帝国へ発展していくが、

 このカルタゴの描写、どことなく、いまの日本に似ている気がしないでもない。


 ところで、ローマは農業国であり、カルタゴは商業国である。
 したがって、ローマにしてみれば、軍事力をもって国土を守ることが、経済基盤を維持するうえで、なによりも重要であったはずである。それに対して、カルタゴにしてみれば、加工貿易を行う通商路さえ確保されれば、すくなくとも経済的には、領土 (土地) の確保に固執する理由はなかったはずである。
 ローマに比べ、カルタゴが 「いたずらに個人主義、利己主義、功利主義、そして経済至上主義に走」 り、「その富をまもるべき安全保障政策を軽視した」 ことは否定しえないとはいえ、富を生みだす形態の違いによって、軍事力に対する必要性や考えかたが異なっていたことも、否定しえないと思われます。
 すなわち、カルタゴの態度には、ある程度の必然性があったといえると思います。


 それでは日本はどうか、と考えれば、日本は農業国とは言い難く、加工貿易を行う商業国 (商工業国) であろうと思います。とすると…、日本では、「反戦平和」 を説く人に、軍事力の必要性を説くのは難しく、したがって…、


 このままいくと、日本がカルタゴとおなじ末路をたどるのではないか、と気がかりでならない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サプライ・サイド原因論をめ... | トップ | 北朝鮮の核実験、日本に事前... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。