言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競争否定論は談合肯定論である

2009-09-13 | 日記
個人発明家blog」 の 「浜矩子さんのグローバル経済批判

文芸春秋10月号の、エコノミスト(兼 同志社大教授)浜矩子さんの主張は、ユニクロを例にして、ある企業が価格破壊を起こすと他の企業も価格破壊で対抗するので、どの企業も利益が削られて、どの企業の従業員も低賃金になり、従業員=消費者としても安い価格のものしか買えなくなり、皆が不幸になる、今のグローバル資本主義では「自分さえ良ければ」という気持ちで皆が動く(例えば自社だけでも生き残ろうとして価格破壊をする)ことによる合成の誤謬で皆が不幸になるから、「自分さえ良ければ」ではなく「他人のために」という気持ちで行動すべきというような内容だったと思う(立ち読みで、細かいところは覚えていない)。


 浜矩子さんが、価格競争は 「自分さえよければ」 という気持ちの現れであり、好ましくない、と述べている旨、書かれています。



 この主張は、いってみれば、「業界で談合すればよい」 と主張しているのと同じです。建設業界では談合がみられましたが、その論理も、「競争すれば価格が下がって、倒産する会社が出る」 ので、「談合して利益を確保しよう」 というものでした。

 以前、宮崎県知事選で、「談合も必要」 と主張した候補者がいました ( 当選しました ) が、業者にとっては、談合は好都合です。競争をしなくてすみます。

 しかし、談合が禁止されているのは、談合による、消費者の、あるいは税金を納める国民の不利益を防ぐためだと思います。浜さんの主張は、「消費者に高価格で買わせて、( 業者や、従業員の利益のために ) 消費者に不利益を押しつけよう」 というものにほかならず、談合を禁止した法の趣旨に反しています。



 どちらかといえば、浜矩子さんの意見のほうが、「自分たち業者や、自分たちの従業員さえよければ」 という気持ちの現れであり、これこそが、「自分 ( たち ) さえよければ」 という考えかたにほかならないと思います。「他人のために」 行動するとは、消費者のために、競争をして価格を下げるなり、品質を上げるなりすることのはずです。

 したがって、浜さんの意見は、倫理的・論理的に 「おかしい」 というか、ズレていると思います。



 そもそも、グローバル化の進んだ世界では、国内で競争を回避したところで、安価な輸入品が入ってくれば、競争回避の企みは失敗します。

 したがって、デフレ脱出のための、デフレ脱出までの限定的手段として考えても、競争回避は不適切ではないかと思います。



■追記
 談合によって消費者の不利益を防ぐ、と書いていたのを、談合による消費者の不利益を防ぐ、に訂正しました。書いたあと、挿入等の処理を行ったための誤記です。なお、このブログは 「24 時間ルール」 のもとに運営しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 構造改革否定論の概要 | トップ | プラザ合意 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どの企業も低賃金になる? (ヨッシー)
2009-09-13 11:25:59
はじめまして。考えを教えて下さい。企業が価格破壊を起こすということは、普通であれば規模の経済や限界利益を見込んでの生産になり、工場であればラインを回せば回すだけ利益が増加し収益も増加、従業員へ還元すると思います(青天井ではないにしても)。競合他社が低価格に追随をせざるを得なくなった場合も、その分岐点で経営判断をし生き残るか撤退するかになろと思いますが、決して企業が低賃金になり、従業員=消費者として安い価格のものしか買えなくなることはないと思います。私の考えは間違ってますか。
私としては (memo26)
2009-09-14 02:21:09
どの企業も低賃金になるとはかぎらないと思います。

しかし、賃金の安い国の存在を考えれば、国内での賃金は、下がらざるをえません。よほど競争力のある企業でないかぎり、賃金は下がらざるをえないと思います。

「要素価格均等化の定理」 (↓) と
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/7f6480e4488181d7b0eb0db2189d45b8

「アジア各国の賃金例」 (↓) を参照してください。
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/35fd6eb69049b03b3112ae891edaed9c

ご返事になっていますでしょうか? なっていなければ、またコメントしてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。