言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

当面、北朝鮮は核廃棄しない

2011-06-05 | 日記
田中宇 『日本が「対米従属」を脱する日』 ( p.85 )

 北朝鮮は、6ヵ国協議に再参加して核廃棄を進める見返りに、米国に何を求めるだろうか。
 私が見るところ、北の要求は3つある。
 1、韓国からの米軍撤退
 2、米朝国交正常化
 3、アジア太平洋地域にある米軍の核兵器の撤去
 この3点である。
 いずれも、戦後のアジア太平洋の国際政治体制の根幹を変更する話であり、日本の国是にも大きな影響を与える。従来の価値観からすると「米国がそんなことを了承するはずがない」となるが、国際政治は今、価値観の大転換期に入っている。従来の価値観は、むしろ現実を見えなくする。
 韓国からの "米軍撤退" は今どうなっているかというと、在韓米軍が持っていた有事指揮権を2012年に韓国軍に委譲する予定で、米軍はすでに出ていく方向にある。北が核廃絶し(北が核の一部を隠し持ったとしても米国は大目に見る)、在韓米軍が撤退を開始すれば、米朝は朝鮮戦争を正式に終わらせ、米朝国交を正常化できる。
 3番目の「北が核廃絶する代わりに、米国はアジア太平洋の米軍の核兵器を全撤去する」という話は、それ自体だけを見ると、とんでもなく非対称だ。だが、先に米露で交渉を開始した米露中心の世界的な核軍縮の流れの中で見ると、オバマ政権はすでに世界的に米軍の核兵器を廃絶していく方向性を打ち出していることがわかる(この点は次項「オバマの核軍縮」で詳しく分析する)。
 米国が核廃絶に向かうと、日本に対する「核の傘」が失われかねないので、日本では麻生首相らが「北が核廃棄しないなら、日本も核武装を検討せざるを得ない」という趣旨の発言をしたり、元外務次官が1960年代に核兵器搭載の米軍艦が日本に寄港できるようにする日米の秘密協定が結ばれていたと既成事実を暴露したりする展開が起きている。

(中略)

北朝鮮をめぐる外交交渉の今後の展開が注目される。


 北朝鮮が核廃棄に応じる「条件」を、著者が「推測」しています。



 上記3条件のうち、「1、韓国からの米軍撤退」はすでに既定の方針なので問題にする必要はないでしょう。また、「2、米朝国交正常化」についても、「条件」「見返り」というよりは、「必然の結果」と考えられることから、とくに問題はないでしょう。

 したがって問題は、「3、アジア太平洋地域にある米軍の核兵器の撤去」ということになります。



 しかし、この3番目の「条件」は、おそらく米国が拒否するのではないかと思います。最新ニュースを見ても、米国がこの条件に応じるとは考えられません。



47NEWS」の「米が80機超の新型爆撃機を計画 核搭載、無人化も可能」( 2011/06/04 15:55 )

 【ワシントン共同】米国防総省が核兵器搭載可能な新たな長距離爆撃機について、無人のまま遠隔操作ができる機能を持たせ、計80~100機を調達する計画をまとめていることが4日、分かった。2040年までの米軍の航空機調達計画として議会に提出した資料に盛り込まれた。

 中国が西太平洋で米軍の展開を阻止する能力を強めていることを踏まえ、米領グアムのアンダーセン空軍基地への配備が想定される。20年代の運用開始を目指しているもようだ。

 計画によると、米軍は敵地に侵入できる爆撃機を「長距離攻撃能力の中核的要素」と位置付けている。有人飛行と無人飛行が可能で、1機当たり5億5千万ドル(約440億円)を予定する。




 したがって、あり得るとすれば、「朝鮮半島の非核化」すなわち「米軍は韓国に核武装を認めず、かつ、米国の核兵器を韓国領内に持ち込まない」という条件になります。

 しかしながら、北朝鮮は中国とかならずしも親密であるとはいえず、北朝鮮は「中国の脅威」を感じているはずです。

   中国が核廃棄しないかぎり、
   「朝鮮半島の非核化」も、北朝鮮には不利に作用する

と考えられます。とすれば、北朝鮮が「3、アジア太平洋地域にある米軍の核兵器の撤去」を要求することはないと考えられます。



 北朝鮮が核廃棄するなら、そのとき北朝鮮は「米国の核の傘に入る」か「中国の核の傘に入る」かの選択を迫られます。これは北朝鮮にとっては厳しい選択で、(北朝鮮としては)できれば選択したくないでしょう。

 逆にいえば、北朝鮮としては、核廃棄などせず、「米国と中国を天秤にかける」状態が最もよいのであり、現状を維持し、「米中(および日韓)から利益を得る」戦略が最善であると考えられます。

 したがって北朝鮮の核廃棄は、当面(大きな状況変化がないかぎり)、進展しないものと予想されます。



 著者は「北朝鮮をめぐる外交交渉の今後の展開が注目される」と述べていますが、「注目したところで、大した変化は起きない」のではないかと思います。



■関連記事
 「核廃絶は不可能、核の傘は必要
 「アメリカの核実験と「核兵器のない世界」
 「北朝鮮の核弾頭搭載ミサイル、ムスダンが日本全土を射程に
 「戦略兵器削減条約(START)の裏側
 「核廃絶は世界を危険にする(報復用の核は必要)
 「核兵器についての米英の陰謀?
 「『対北朝鮮・中国機密ファイル』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核兵器についての米英の陰謀? | トップ | イスラエルは追い込まれてい... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
永遠の敵は無い (四葉のクローバー)
2011-06-06 11:11:45
報道によれば、
『ベトナムのグエン・チー・ビン国防次官は6月5日、アジア安全保障会議出席に合わせシンガポールで記者会見し「主権の尊重を前提に、(東南アジアにおける)米軍のプレゼンス(存在)を歓迎する」と表明した。ゲーツ米国防長官が同会議での演説で、東南アジアでの米軍強化の方針を明示したのを受けた発言。
 ベトナム戦争を戦った米軍の存在を容認する姿勢をベトナムが示した背景には、南シナ海進出を強める中国への対抗心があることは明らか。南シナ海をめぐる中国と東南アジアの一部諸国との摩擦は、米軍を巻き込んで激しさを増しそうだ。』


ほんの40年前、米国と激烈な戦争をしたベトナムでさえ、今、米国の関与を歓迎しているのです。まさに、永遠の敵は無いのです。

同じように、60年前、米国と血で血を洗うような戦争をした北朝鮮が、国際情勢の変化と米国が提示する条件次第では、今のベトナムと同じ行動を取っても、驚くことはありません。

北朝鮮の核について言えば、現在のイスラエル(核保有国)のように、米国の完全で従順な同盟国になるなら、米国は容認するかもしれません。

北朝鮮の本音は「東北アジアのベトナムかインドになりたい」だと思います。
Unknown (memo26)
2011-06-06 16:03:39
 コメントありがとうございます。北朝鮮はあくまでも中国とは一線を画したいはずだ、ということですね。ところで、

> 報道によれば、

 報道をそのまま引用するのであれば、(できれば)リンクを張って引用していただければ助かります。引用の信憑性が高まるからです。よろしくお願いいたします。

(例)

http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201106050054.html

『ベトナムのグエン・チー・ビン国防次官は6月5日、アジア安全保障会議出席に合わせシンガポールで記者会見し「主権の尊重を前提に、(東南アジアにおける)米軍のプレゼンス(存在)を歓迎する」と表明した。ゲーツ米国防長官が同会議での演説で、東南アジアでの米軍強化の方針を明示したのを受けた発言。
 ベトナム戦争を戦った米軍の存在を容認する姿勢をベトナムが示した背景には、南シナ海進出を強める中国への対抗心があることは明らか。南シナ海をめぐる中国と東南アジアの一部諸国との摩擦は、米軍を巻き込んで激しさを増しそうだ。』
Unknown (memo26)
2011-06-06 16:05:30
 書き忘れました。url (http://~~) をそのまま書き込めば、自動的にリンクが張られます。
北朝鮮を等身大に見よう (四葉のクローバー)
2011-06-06 16:18:06
>報道をそのまま引用するのであれば、(できれば)リンクを張って引用していただければ助かります。

なるほど、でも、若い人と違って、こういう技は、私には苦手だなあ。
頑張ってトライはしてみますが。

ついでに言うと、日本及び日本人は、北朝鮮を実態以上に恐ろしく、グロテスクな国にしているような気がします。

確かに、拉致事件、核開発、ミサイル発射など、問題は多いですが。

日本もそろそろ真剣に、日朝国交樹立を検討すべき、と考えます。

あと、私見を言わせてもらうと、北朝鮮が拉致被害者を帰さない最大の理由は、
「いったん帰国させれば、マスコミが追っかけて、北朝鮮の内部事情(特に、工作活動の実態)を全て、しゃべってしまうこと」
を恐れているからだです。
従って、日本政府は「帰国後は一切、マスコミとは接触させない」と約束する必要があります。

現時点で、日本に帰還している人と未だ帰還していない(北朝鮮が死亡したことにしている)人、との決定的な違いが、
「(工作活動への)関与の深さ」
だと思うからです。

Unknown (memo26)
2011-06-06 19:51:47
> こういう技は、私には苦手だなあ。頑張ってトライはしてみますが。

 http://~~ は画面に表示されていませんか? それをコピーしてください。簡単ですよ。

 インターネットエクスプローラーであれば、下記を御参照ください。

http://www.sophia-it.com/content/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC

http://support.microsoft.com/kb/880840/ja


> 日本もそろそろ真剣に、日朝国交樹立を検討すべき、と考えます。
> 日本政府は「帰国後は一切、マスコミとは接触させない」と約束する必要があります。

 これはマスコミに漏れなくても(日本)政府に漏れるはずです。それで北朝鮮が納得するかが問題だと思います。しかし、貴重なアイデアだと思います。考えてみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。