言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士の質

2010-10-19 | 日記
 「批判の際には根拠を書いてください」について。



 反論、というか根拠の提示がないようです。

 おかしな話です。

 他人のブログをけなしておいて、根拠を示さない、というのでは、論外だとしか言いようがありません。



 根拠の提示がないので、私なりに推測すれば、おそらく、コメントされたかたの思考は、

   現在、司法試験合格者 (司法修習生) の就職は困難である。受け皿はない。
   それを知りもせずに、知りもしないことを知ったかぶりをして書くな

ということなのではないかと思われます。

 しかし、仮にそうであるならば、「過当競争とはいえない」と主張された「仙台の坂野弁護士の意見が間違っている」ということであり、私のブログの主張・論理がおかしいのではありません。

 「弁護士増員論の再検討」でみたように、坂野弁護士の主張・論理は「間違っている」うえに「むちゃくちゃ」だと考えられます。

 その坂野弁護士が、「過当競争とはいえない」という「間違った」主張をされたと考えるのが、自然ではないかと思います。



 もっとも、弁護士業界が「過当競争とはいえない」という坂野弁護士の主張は、間違ってはいない可能性もあります。なぜならば、

   弁護士業界は、いまだ過当競争とはいえないので「受け皿」はあるが、
   既存の弁護士は、利益を減らすことを嫌がって、
                  「受け皿」になることを拒んでいる

という可能性があるからです。

 仮にこれが事実であるならば、「弁護士 (…の大部分) はあまりにも身勝手である」ということになるでしょう。



 したがって可能性としては、次の二通りがあります。

(1) 坂野弁護士の弁護士業界は「過当競争ではない」という主張は「正しい」が、
  既存の弁護士の大部分が「あまりにも身勝手」であり、受け皿になることを拒んでいる

(2) 坂野弁護士の「過当競争ではない」という主張が「間違って」おり、
  坂野弁護士の主張が「一から十まで間違った議論」であり「むちゃくちゃ」である

 後者、つまり (2) の場合、坂野弁護士の「議論する能力」「論理的思考力」には「一から十まで」問題がある、ということにもなりかねず、坂野弁護士がキャリアの長い弁護士である (法曹増員以前の合格者である) ことを考えるならば、

   弁護士の増員とは無関係に、(一部の) 弁護士の質は低い

ということを示している、とも考えられます ( なお、関連記事として「弁護士増員と、弁護士の質の関係」があります ) 。



 これを要約すれば、

   「弁護士の増員とは無関係に、(一部の) 弁護士の質は低い」か、
   「弁護士の大部分はあまりにも身勝手である」か

のどちらかである、と結論されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士増員論の再検討 | トップ | 政府の借金は返す必要がない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。