言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビットマップファイル

2011-10-01 | 日記
 今日、ひょんなことから「背景画像をもったビットマップファイル」が作成可能であることを知りました。「背景画像をもったビットマップファイル」とはどのようなものか、説明し難いのですが、

 要するに「窓をもったビットマップファイル」です。「窓枠の画像」と、その窓を通して見える「背景画像」とを、「ひとつの画像ファイルで」データとしてもっているファイルです。

 「窓枠の画像」と「背景画像」は別個の(独立の)画像で、たとえば「窓枠の画像」を画像ソフトで変形しても、「背景画像」は元のままです。変形しません。しかし、「窓枠」の形が変われば、その窓を通して見える(=隠されていない)「背景画像の部分」は(自動的に)変わります。



 ビットマップファイルのデータ構造(の定義)をざっと調べてみましたが、上記のようなことが可能であるとは思われません。しかし、現に上記のようなファイルが手元にあります。

 どうなっているのでしょうか? 新しく定義されたデータ構造なのでしょうか?



 というわけで、いま、ビットマップファイル(.bmp)について調べています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「増税なき復興」の具体策 | トップ | イラク戦争の目的 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。