言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

表向きの工場と、ウラ工場

2010-04-30 | 日記
アレクサンドラ・ハーニー 『中国貧困絶望工場』 ( p.62 )

 二〇〇六年のある晴れた朝、深南中路沿いにゆっくりと走るセダンには、ウォルマートの女性役員が落ち着いた様子で乗っていた。彼女は同社に納品された製品を生産している工場の監査に行く途中であった。その目的は、工場が同社の倫理規定に基づいて業務を遂行しているかどうかを確認することだ。具体的には、児童労働や奴隷的労働の厳禁をはじめ、労災、労働時間、最低賃金などの各種規則が遵守されているかどうかを見る。同社が役員による監査を実施しているのは、現在の労働集約的製品におけるグローバルサプライチェーン推進上の矛盾した二つの理由からである。すなわち、消費者や取引先は低価格製品を求めるが、悪い話は嫌がる。そこで、工場側で過去にあったかもしれない不都合な情報が流出することを懸念し、「搾取工場」ではないことを確かめることになるのである。

(中略)

 監査担当役員は工場長に賃金台帳など諸記録の提出を求め、その日の午前中に面接をするので、生産ラインで働く従業員を一五人選ぶように要請し、次のように締めくくった。
「できるだけ早くやってください。遅くとも午後一時までには終わらせたいのです」
 クリップボードを手に、彼女は工場内を手際よく見て回り、面接する従業員の職責を念頭に置いて仕事の内容を質問し、消化器や救急箱も細かく点検した。また、倉庫も点検した。生産ライン責任者の事務室に飾られている品質管理活動の記録にも目を通した。
 工場長は彼女が何か見つけはしないかと用心深く見ていた。監査終了後、彼女が下した評価は「極めて良好」であった。工場長はこれを聞いて安心し、彼女を近所のレストランで広東スタイルの昼食 (回転テーブルに載せた蒸し魚、ご飯、スープ、野菜) で接待したが、彼女は食事もそこそこに次の工場の監査に向かった。
 このレストランから車を飛ばして一〇分の場所では、同じ工場長の運営する別の工場が繁忙を極めていた。この工場も、先ほど監査を受けた工場と同じ製品をウォルマート向けに生産していたが、労働条件はまったく異なり、しかもその存在は秘密のベールに隠されていた。
 この工場は門で閉ざされた工業団地内の目立たないところに建てられており、広東省政府には登録されていない。五〇〇名の労働者が平屋建ての工場で働いているが、ここには安全設備や労災保険はなく、法定労働時間を超過した勤務も日常的になっている。賃金の支払いは月給制よりも日給制が好まれている。この工場のオーナーによれば、ウォルマートはこの工場の製品を大量に仕入れているが、同社からは今まで誰一人として訪れたことはないという。そもそも、この工場は公的には存在していないことになっている。


 ウォルマートは ( 製品納入工場に適用される ) 倫理規定を定めており、工場が倫理規定を遵守しているかどうかを監査している、と記し、監査の様子が描写されています。これに対し、工場側は、本来の工場 ( 秘密の工場 ) のほかに、( 監査を受ける ) 表向きの工場を用意することで対処している、と書かれています。



 この記述を読むかぎりでは、

   中国企業 ( 工場 ) には問題がある、
   中国企業 ( 中国人 ) は狡猾である、

と考えられます。



 これに対して、( この記述からは ) ウォルマートは倫理を重視する、良心的な企業であると思われます。ウォルマートによる監査は厳しく、厳格になされている、と考えられます。

 もっとも、「できるだけ早くやってください。遅くとも午後一時までには終わらせたいのです」 という監査担当役員の言葉や、「彼女は食事もそこそこに次の工場の監査に向かった。」 という行動からは、「監査は、型通りの、形式的なものになっているのではないか」 とも考えられます。現に、監査担当役員は、「公的には存在しないことになっている」 秘密の工場の存在には、気づいていません ( したがって秘密の工場に対する監査は行われていません ) 。

 しかしながら、本来、このような監査は、中国政府 ( または地方政府 ) が行うべきものだと思います。したがって、ウォルマートの監査が多少、「型通りの、形式的なもの」 であったとしても、とくに問題にするにはあたらないと思います。どちらかといえば、この種の監査をウォルマートが行っていることには、ウォルマートの良心、倫理に対する姿勢が現れているとみるべきだと思います。



 「ウラ帳簿・オモテ帳簿」 とは異なり、「表向きの工場」 を建設するには、膨大なコストがかかります。それにもかかわらず、「表向きの工場」 を用意せざるを得ないほどに、中国での競争は激烈なのでしょう。したがって、

   これはたんに、狡猾、というレベルを超えています。
   やむを得ない、そうせざるを得ない、のだと思います。

 そしてまた、このような中国企業と競争せざるを得ない、中国以外の国々の企業も、大変厳しい立場に立たされている、といってよいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文字コードと文字化け | トップ | 生産のモジュール化と、サプ... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (海外)
2011-05-13 13:56:27
Hi there

こちらの管理人さんのすべての情報を拝見中「WalMart」情報があり読ませていただきました、激安チェーン店としてCalifornia州内でも有名ですが、製品のほとんどが、こちらの管理人さんが特に興味がありそうな中国製です。先日私のお友達が電気あんかを必要とし買ったのですが、全然温まらず、やはり中国製だとおかんむりでしたが、品質がよくないのは中国製のせいにしている人って結構いますよね。私も先日、置物の買い物をしていてデザインがいいなと、どこ製と裏を見ると中国製と分かった時点で其の品物への興味が半減したり(^^:)) 品質の悪いもの、安すぎるものは全部中国製という概念がどこかにありません?

中国系アメリカ人の知合いが申してましたが、アメリカは中国製品があるからこそ大型激安店が繁盛できアメリカの経済効果の役に立っているのは中国がNo.1と、まあ確かにそういえないことも無いかも。

Unknown (memo26)
2011-05-15 13:36:55
> 品質の悪いもの、安すぎるものは全部中国製という概念がどこかにありません?

 かつての日本製品がそうでしたね。中国製も、そのうち「高品質」とされる日がくるのではないかと思います。

> アメリカは中国製品があるからこそ大型激安店が繁盛できアメリカの経済効果の役に立っているのは中国がNo.1と、まあ確かにそういえないことも無いかも。

 アメリカの経済学者は、アメリカの大衆は中国製品があるからこそ(実質)所得が増えていると説いているようです。これはおそらく、日本ではなかなか受け入れられない考えかたですね。
日本の10年遅れが韓国と中国といわれ (海外)
2011-05-16 07:52:07
Hi there.

アメリカでは今や日本製品は重宝がられ、これもメキシカンが多くビジネスをするLA下町の話しなのですが、いかにも怪しい腕時計、しかし販売者もMade in Japanの張り紙をするだけで、日本製と疑わず買う人も居ると知っていて、堂々と詐欺商法を、、。消費者とはまさかそれが中国製部品とはしらべませんものね。

また日本のTV番組や流行ものは同じアジアの韓国と中国は日本より10年遅れているも言われてます。確かにそれをいえるのが、アメリカは移民の国ですから、それこそ世界中の番組が見れて、韓国語はわからなくてもTVの内容はなんとなくわかり、数十年前日本の番組にあった「これは何をつくっているんでしょう?」系の番組が今放送されていますしね。ですから韓国製の車も輸入されていますが、日本車に比べたらまだま人気はなく、ビジネスでも10年は追いつかず状態です。それが中国製となればよけいに韓国のした立場なので、中国製は毛嫌いされがちなのです。

アメリカ人の知合いは花瓶の下面にある中国製の「印」をはがして使用しています。中国製=大量生産=安価を連想させそうですものね。私は中国製のお茶類は良く買います。それもわざわざ中国人街へ出向いて、大量にそれこそ1年分を、大量製品でなければよいものもあるのは確かですから。
Unknown (memo26)
2011-05-16 15:32:21
> 中国製=大量生産=安価を連想させそうですものね。

 中国企業が日本企業を買収している理由のひとつは、これだと思います。日本企業を買収すれば、ブランドが手に入ります。

> 私は中国製のお茶類は良く買います。それもわざわざ中国人街へ出向いて、大量にそれこそ1年分を、大量製品でなければよいものもあるのは確かですから。

 お茶には賞味期限があるのではないでしょうか? 一年前のお茶だと、味が落ちるのではないかと思いますが。。。 そのあたり、どうなのでしょうか?
お茶といってもパック入りではないです。 (海外)
2011-05-17 02:12:59
Hi guys.

中国産のお茶は私にとっては最高、健康茶を混ぜて量り売りして買うので賞味期限は袋自体にも書いてませんからそこはどうなのか今度聞いて見ます。中国製の家具も結構いいものがあり、当地でも骨董品で販売されている物となればかなりの値がはりすべてが安物で壊れやすいわけではないですよね。高価なものを覗けば中国製の評価は確かにあまりよくないですけど、当地にある中国料理屋には良く行き(^^:)))、ちなみに中国飯店などはレストランの裏へ回れば鶏の首を斧で切り落とし毛をむしりとそこから調理するために、安値でも営業できる仕組みなのですが。余談ですけど。
Unknown (memo26)
2011-05-18 18:13:25
> 高価なものを覗けば中国製の評価は確かにあまりよくないですけど、当地にある中国料理屋には良く行き(^^:)))、

 中国料理の評価はかなり高いと思います。「アメリカの家に住み、日本人を妻にし、中国料理を食べるのが........」なんて言いますよね。余談ですが、私も以前、お茶に凝っていましたよ。
中国人移民者のパワー (海外)
2011-05-19 18:02:21
Hi guys.

移民の国アメリカ、とくにアジア系の移民者はここCalifornia州にも多いのです。観光ガイドの載っているチャイナタウンはLA下町にあるのですが、今や郊外にも広がりモントレーパーク市(LA下町から車で15分くらい東へ)は他の移民者がみつからないような中国人であふれかえっていますし其の地域の学校では中国系アメリカ人教師は必ず居るのです。他の移民者同様に、親は苦労してアメリカでの移住生活の土台を作り上げ、子供達にはアメリカ教育を受けさせ大学進学させと教育熱心にならざる得ないのです。そして孫の時代は祖父母や親たちのように母国語は話せず次第に自分達の血に、アジア系が流れていることさえ忘れてしまうような感じです。

ですから私の知合いの中国系アメリカ人女性などは、中国はアメリカ同様に先進国だったと思い込んでいましたから。それが始めて訪中し、いまだに人民服を着た老人がいて相当に驚きショックを受けたと申していましたしね。(^^:)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。