言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国脅威論は当然である

2010-12-31 | 日記
中国語翻訳者のつぶやき」の「中国は「脅威の対象」なのか

ネットで良く見られる「中国脅威論」。これは中国を良く理解していない日本人を含めた西側の人間の恐怖心理を良く反映させた論だとわたしは考えます。

「中国は得体の知れない国だ」「中国人はなに考えているか分からない」。この焦りからくる「怖い」という心理は、中国、そして中国人の心理や行動様式を掘り下げて探求していけば大体が解決できるものだと私は考えています。このためにわたしは、これまでも中国人の考え方を当ブログで色々と紹介してきました。

その中でもわれわれが一番心に留めておくべきなのは、多くの中国人に存在する「ウチ」と「ソト」の観念でしょう。この「ウチ」と「ソト」で中国人の考え方が全く違うというのは良くあることであり、これをしっかり理解しないことには、中国人を誤解してしまうことになります。

例えば中国人同士でも、普通語ではフレンドリーに会話していても、別の同郷者とお国の言葉を話し出すと普通語を話している本人をバカにする言葉を連発したりすることは良くあります。これはやはり、中国人自身が「ソト」の顔と「ウチ」の顔を使い分けているためだといえます。逆に「ウチ」同士になれば、良いことも悪いことも、赤裸々に話せる仲になることができます。

そしてこの行動様式は中国政府の外交、内政にも表れているとわたしは考えます。表向きには「強い中国」を演じていても、ウチではこそこそと取り繕うといったことを度々行っています。これに「プライド」がついてしまうと「面子」という言葉になるのでしょうが、とにかく中国政府は「ウチ」の顔と「ソト」の顔を上手く使い分けて、60年余りにわたって人民を統治し続けているということを、わたしたちはしっかりと理解しておく必要があります。

この「ウチ」と「ソト」の概念が好ましいものなのかどうかという議論は、中国自身にやってもらうとして、わたしたちはあくまで中国の「ソト」の顔にだまされず、しっかり「ウチ」の顔を理解しなければなりません。

(中略)

「相手を知れば何も怖くない」という言葉は真理だと思います。わたしも含め「中国を知りたい」と思う人がもっと増え、「中国脅威論」がいつかなくなることを望んでいます。


 中国は「ウチ」と「ソト」を使い分ける。中国の「ソト」の顔にだまされず、「ウチ」の顔を理解すれば中国は怖くない。「中国脅威論」がいつかなくなることを望む、と書かれています。



 ブログ主の「明天会更美好」さんは、中国人と接してきた経験をもとに、中国人は「ウチ」と「ソト」を使い分ける。したがって中国の「ウチ」と「ソト」を理解すれば、中国の本音がわかる。それがわかれば中国は怖くない、と書かれているのですが、

 「中国人個人」についての話を、「中国政府」に拡大して考えるのは、いかがなものかと思います。

 「中国政府」は「中国人個人」の集合体ではありますが、政治レベル・国家レベルの話は、個人レベルの話とは次元が異なってくると思われます。つまり、個人が集まった単位である政府のレベルでは、状況が異なってくるのではないかと思われます。



 現に中国は、チベットを侵略しています。

 そしてまた、中国は日本に向けて、核ミサイルの照準を合わせていると言われています。つまり、いつでも日本に核を撃ち込める態勢をとっているわけです。

 このような状況を念頭に置いて、中国に対していかに接するべきかを考えなければなりません。



 個人間のつき合いと国家間のつき合いとでは、状況がかなり異なることを忘れてはならないと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DVD-R はフォーマットしない | トップ | 新年快樂 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。