言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リフレ政策のまとめ

2009-11-09 | 日記
 ここまで、読んできた本 ( 安達誠司著 『恐慌脱出』 ) によれば、

 ケインズ政策 ( 財政政策 ) が大恐慌研究によって否定され、経済学の主流は、リフレ政策 ( 金融政策 ) にとって代わられた、と考えられます。その決定打になったのは、大恐慌の際に、

   経済成長率が回復した 「あとで」 、( 経済成長率に対する ) 政府支出の寄与度が上昇した

というデータではないかと思います ( 「ルーズベルトの政策 ( 公共投資 )」 参照 ) 。



 不況脱出には、リフレ政策が有効である、という理論が正しければ、バーナンキやクリスティーナ・ローマーが要職に就いているアメリカは、適切な政策をとっており、遠からず不況を脱出する、と考えられるのですが ( 「オバマ政権の金融政策」 参照 ) 、

 逆に、この理論が誤っていれば、アメリカはトンチンカンな政策を続けるだろう、という、正反対の評価になります。その場合、不況を脱出するどころか、かえって状況が悪化することもあり得ます。



 問題の要点は、「リフレ政策は適切なのか」 ですが、

 私が考えるに、リフレ政策には、一点、問題が存在しています。その問題点とは、金融緩和を行ったところで、「「流動性の罠」 対策」 でみたように、通常の投資にはお金がまわらず、国債にお金がまわるのではないか、というものです。リフレ政策を支持するなら、

   国債にお金がまわるなら、それ以上に ( 大量の ) お金を供給すればよい、

と考えることになると思いますが、



 次は、本当にそれでうまくいくのか、を考えます。

 扱うテキストは、「経済対策の三類型」 で ( さらりと ) 言及した、リチャード・クーの本です。新しい本 『世界同時バランスシート不況』 が出版されました ( 共著 ) ので、それを引用しつつ考えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 規制緩和は経済を活性化する | トップ | じつは、アメリカ人も堅実だった »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。