言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有権者も問われている - 麻生総理 「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい」

2009-08-26 | 日記
ある女子大教授の つぶやき」 の 「選挙戦総括

選挙戦で何が起きているのか

 選挙戦も終盤に入った。大新聞の予想ではいずれも民主党300議席、自民党100議席となっている。ネット上での意見を大まかにまとめると「もう自民党政治は嫌になったので、この辺で政権交替したらどうか、民主党になったからと言って世の中はそう急激に変わるわけはないが」という感じである。政治資金疑惑や国旗問題を自公党首が演説しても、この流れは止まらない。

 自民党としては、この流れを変える大事件を引き起こしたいところであるが、それも難しいので、最後の手段として大々的な対民主党ネガティブ・キャンペーンを始めた。自民党HPにアニメCMを2本公開している。鳩山代表そっくりのラーメン店主が客の注文におたおたするのと、民主幹部4人らしき影絵が登場する「ブレル男たち」には任せられないというマンガである。

 そのほか60年も政権を担当してきた政党とは思われない「知ってドッキリ民主党」というような怪文書的パンフをなりふり構わず配布している。これでは流れを引きとめるどころか、ますます加速するだけであろう。まるでもう自民党は野党になったみたいで、元気に与党の民主党を攻撃しているみたいだ。そういえば、麻生さんの品のなさは野党党首のほうがふさわしい感じもする。

 「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことはしない方がいい。金が俺はない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」と首相は金がないなら結婚するなと、学生や若者を説得した。「貧乏人は麦を食え」と言った池田首相と同じ発想である。上からの目線と批判されている首相の姿勢に拍車をかける発言である。30日の投票結果の興味は、自民党の大物政治家が何人国会議事堂に戻って来るかである。


 麻生総理は 「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい」 と説得した、と書かれています。



 当該発言の動画をみつけましたので、ポインタを記します (↓) 。

http://www.youtube.com/watch?v=xbCB0v7t5uQ



 これを見ると…、

 おそらく学生は、「金がないから結婚できない。対策を聞きたい」 という趣旨で問いかけたのだと思います。そして、それに対して、麻生総理は答えていない。「貧乏人は麦を食え」 と同じ発想だと言われればその通りかもしれないし、また、たしかに言葉は上品とは言い難く、品がないと言えば、ない。

 けれども、これは、上から目線というのとは、すこしちがう。総理は、「 ( 金があっても ) 俺も結婚遅かった」 と言われています。おそらく、「金がねえなら」 といった表現も、学生と友達感覚、対等な感覚で発言したからこそ、ではないかと思います。

 おそらく、この発言の問題点は、上から目線だとか、品がない、などといったことではなく、

   総理としての責任感が感じられない、

というところではないかと思います。

 総理と同じことを、「近所のおじさん」 が話したのであれば、なんの問題もなかったと思います。人のいいおじさん、と受け取られたはずです。この発言が問題視されるとすれば、それは、( 対策を考え、実行すべき ) 総理の言葉ではない、ということに尽きるのではないかと思います。



 ところで、

   総理としての責任感が「感じられない」 というのは、責任感が 「ない」 とは、異なります。

本当に責任感がなくて他人事なのか、あるいは、対策を打ちつつある安心感からなのか、はたまた、苦悩し続けているけれども表に出さない人柄なのか、それは、有権者ひとりひとりが判断しなければなりません。有権者の側も、総理の発言 ( 動画 ) をどう解釈するかが問われています。



 なお、「asahi.com」 の 「野党幹部、相次ぎ批判 首相の「金がねえなら」発言」 は次のように報じています。

麻生首相が23日、東京都内で開かれた学生との対話集会で、参加者から「若者に結婚するだけのお金がないから結婚が進まず、少子化になるのではないか」と聞かれたのに対し、「金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことしない方がいい。おれは金はない方じゃなかった。だけど結婚は遅かった。稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい」と語ったことに対し、24日、野党幹部から批判の声が相次いだ。

 民主党の菅直人代表代行は沖縄県沖縄市で「いま働こうと思っても仕事がない。そういう皆さんが考えてほしいと言った時に『金がないのに結婚するな』と言う。総理を続けてほしいと思う人は沖縄に一人もいないと思う」。共産党の志位委員長は長野市で「多くのワーキングプアをつくった責任を感じないのは政治家失格だ」。社民党の福島党首も同市で「非正規雇用が増えたのは政治のせい。自己責任にするのは政策を理解していない」と語った。




■追記
 「もう自民党政治は嫌になったので、この辺で政権交替したらどうか、民主党になったからと言って世の中はそう急激に変わるわけはないが」 ……… 世の中はそう急激に変わるわけはないのであれば、( 経験の乏しい ) 民主に変えてもよい、ということにもなりますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年金制度は統一すべき | トップ | 公的年金は税方式がよい »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (田ノ神)
2009-08-26 18:51:01
経験が乏しいなら…
経験させてやるしかないんですよね…。
その辺を論点にしていると何時までも経験豊富な?政党に任せ続けることになりかねない。。
よく与党の側はその「経験がない」ことを指摘しますが、それは、しゃあねえだろ、という風に思ってみています。

ただ、何につけても怖いと思うのが、報道、ネットの論調などの「振れ方」です。

どうも極端な気がしてなりません。
この麻生さんの発言も、民主党の日の丸の扱いの問題も、確かに問題点はあるんだけども、、それを扱うと同時に、もう少し広い視野にたった論じ方が出来ないかと思うと、中々難しい限りです。


急に秋めいてきましたね。
暑いことで有名な群馬の県庁所在地も、エアコンつけないで窓を開けても十分に心地よく過ごせるようになりました。
夜になるといつの間にか、虫の音が聞こえるようにもなりましたし…。

といっても、持病による体調不良で寝込んでいるんですけど(汗)

さあ、30日、どうなることやら。

失礼します
いつもありがとうございます。 (memo26)
2009-08-27 04:52:20
そうなんです。経験が乏しい、と言っていれば、いつまで経っても、経験が乏しいままです。
かといって、私は民主支持を主張してはいませんし、自民支持も主張していません。
私は私の意見 ( あえていえば、memo26 党の見解 ^^; ) を書いているにすぎません。

「振れ」 が大きいのは、条件反射的になっているからだと思います。
人は目の前にあるものしか見ませんし、目の前にないものは忘れてしまいます。

私も自分の意見を書いていて、偏っていないか、いつも気になっています。
じつは、このブログを始める前、「完成された」 意見を形成し、
そのうえで、意見を発表すべきだと思っていました。

しかし、あるとき、私は、
初めから完成された意見である必要はなく、あとで意見を変えてもよい、
と思いました。そこで、このブログを書き始めました。

「言 『論』 空間」 ではなく、「言 『語』 空間」 という名前には、
言論というほどのものではありませんが、という気持ちが込められています。
私は 「形成すること」 を目指しているので、ときどき意見を変えます。

形成中のものを公表することで、( 賛成のみならず ) 他者の批判も期待しています。
読者には、批判する義務も必要もないのですが、期待はしています。


このところ、夜間は冷え込むことが多くなりました。寒暖の差が激しいと、
体力を消耗しやすいかと思います。早く元気になってくださいね。
Unknown (田ノ神)
2009-08-27 16:27:46
「完成された意見」というのはなかなか難しいですよね。
それでも、形成することをめざす、研究にも通じるのかなと思います。

最近…といっても体調を崩して早速止まっているのですが、「フィールドワークの技法」という本を読みました。

気づけば、地理を中学校までしかやっていないのに、大学院は地理学研究室にいる(どうも地理に当てはまる研究をしていたようです、、専門性をあんまり意識しないモノなので)ので、少しは「お勉強」しなきゃと思って読みました。

研究のために行う調査で他者の話を聞くと言っても、民俗学の手法、地理学の手法、社会学の手法、それぞれあると思っています。

そのあたりを少し整理しておこうと先ず読んだのがこの本でした。
(敢えてざくっと言えば内容は社会学からのアプローチでした。)

その中で「漸次的構造化法」というアプローチが解説されていました。


フィールドワークという作業を「問題設定、データ収集、データ分析、民族誌(文学+科学による記録)の執筆」を同時進行的に進めていき問題と仮説を徐々に構造化させていき民族誌自体も漸次的に完成させていく、とした方法論…

単純化すれば、常に試行と検証をくり返し、モノグラフ(≒民族誌)をより確からしいものにしていくという方法論だと私は読みました。

私自身の研究方法も、問いと仮説を立てて、現地にはいり調査をする、或いは資料を分析する、そして問いと仮説を修正し、より実情にあった問いと仮説を練り上げ、それに対する一つの見解を示す、、この本で示された方法に近いものを取っています。

そういった点でmemo26さんの意見に通じることがあるかな、と思っています。

自民、民主と白黒をつける前にじっくり考えるという段階が必要だなと強く思います。
もっと言えば、自民、民主という枠組みでいいのか、以前ここで田母神さんの言説を論じられていたように、個人単位でみて個々の政治家を判断する、という作業も必要なのかなと思います。
意見の形成 (memo26)
2009-08-28 01:54:42
私は、「完成された意見」 になるまで待っていたら、いつまで経っても、意見を公表する機会はない、と思いました。おそらく、一生、意見は完成しないと思います ( 死を迎えるまで、私は、進歩し続けることを望みます ) 。

したがって、どんな人のどんな意見も、「その時点で」 のものであり、すべて、「未完成の」 意見ではないかと思います。

また、「未完成の」 意見、「形成中の」 意見を公表することは、意見の 「形成を加速する」 効果をもつのではないかと思います。私自身、このブログを書き始めて、意見の形成が加速してきていると感じています。


地理学については ( というか、他の分野も ) 、私には、ほとんどわかりませんが、地政学には興味があります。また、地質学にも興味があります。地質学はともかく、地政学については、( 公共の利益である ) 外交・国防と結びついていますので、いつか、このブログで取り上げます。

自民・民主という枠組みは、民主党が政権を取れば、変わってくるのではないかと思います。個々の政治家については、大枠の意見が形成された時点 ( または、根拠を示してブログ上に意見を展開した時点 ) で、それを土台にして意見を述べたいと思います。
不眠です(汗 (田ノ神)
2009-08-28 03:41:00
そうですね。
memo26さんの意見を拝見するのを楽しみにしています。

地質…先週、調査に同行しました。
私も興味がありまして。

地政学…成り立ち自体に興味がありますね。
それも楽しみに。。。

私も不眠気味です。 (memo26)
2009-08-28 13:38:30
ですので、いつも深夜まで活動しております。

ブログの更新を楽しみにしてくださっているとのこと、ありがとうございます。すこしでも充実した内容になるよう、努力を続けます。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。