言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尖閣諸島沖事件、中国側主張が既成事実化しつつある

2010-10-11 | 日記
産経ニュース」の「【尖閣敗北】ビデオ公開ない間に中国は一方的主張を展開」( 2010.10.11 01:23 )

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が撮影したビデオ映像の公開を日本政府が先延ばし続けるなか、中国国営通信社や共産党系のインターネットサイトで、海保の巡視船側が中国漁船に衝突したとする図などが掲載されている実態が10日、明らかになった。日中首脳会談が4日に行われたにもかかわらず、中国当局も放任を続けており、中国政府の一方的な主張が“既成事実化”する恐れも強まっている。(原川貴郎)

 中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙「環球時報」は、衝突事件の“実態”について、日本の巡視船の方から中国漁船に衝突したとする説明図を掲載してきた。中国政府の「日本の巡視船は中国の領海で中国漁船を囲み、追いかけ、行く手を遮り、衝突して損傷させた」(姜瑜・中国外務省報道官)との主張に沿ったものだ。

 「(中国漁船が)巡視船に体当たりした悪質な事案で逮捕は当然」(前原誠司外相)とする日本側の説明とはまったく異なる。

 1日ごろから同紙のサイトからはこの図はなくなったが、今も国営新華社通信のサイトほか、中国の大手ポータルサイト「新浪」の衝突事件特集サイトなど、中国ネット空間のあちこちにはり付けられている。

 環球時報は9月23日から10月6日まで尖閣諸島周辺海域で活動した中国の漁業監視船2隻に記者を同行させた。記者らは次のようなリポートを送ってきた。

 「われわれの船は日本側の封鎖を突破し赤尾嶼(日本名・大正島)海域への歴史的な航行に成功した」

 また、インターネット上の同紙のサイトでは、「中国人が1年間、日本製品を買わなければ日本はすぐ破産する」「日本はすべて中国の領土だ!」などの過激な書き込みが今も続く。

 9日夕から同紙のサイトは無料のオンラインゲーム「防衛釣魚島(尖閣諸島の中国名)」を登場させた。中国漁船を操って、日本の「軍艦」に「靴」を投げ尖閣諸島へ航行、日の丸が掲揚された灯台を倒し、中国国旗を翻せば「任務完了」-という内容だ。同サイトは「国家防衛の危険と挑戦が体験でき使命達成の快感と栄誉も得ることできる」とプレーを呼びかける。

 視覚に訴える中国側の主張を打ち消すためにも、ビデオ映像の公開が有効だがためらう日本側を尻目に、中国のインターネット空間では、事実に即しない一方的な主張や「悪のり」が続くのかもしれない。


 尖閣諸島沖漁船事件で、「日本側からぶつかった」と主張する図が、中国系のサイトのあちこちに張りつけられている。中国当局は放任を続けている、と報じられています。



 さっさとビデオを公開しないから、こういうことになるわけです。

 ビデオがあるにもかかわらず、公開しないならば、ビデオはなかったほうがまし、ということになってしまいます。このままでは、ビデオを公開しないのは、

   本当は、「日本側からぶつかった」内容なので公開しないのだろう

と邪推されかねません。ますます、状況が「おかしく」なります。



 私は、「尖閣諸島での漁船衝突事件について」に書いたとおり、中国側の主張そのものに「おかしな」点があり、中国側の主張そのものに、すでに「中国側からぶつかった」といえる証拠が含まれている、と考えており、さらに、

 物理的な証拠も、「尖閣諸島沖漁船衝突事件の見通し」に書いたとおり、「中国側からぶつかった」ことを示している、と考えています。

 したがって、「中国側からぶつかった」という日本政府の主張は「正しい」と考えているのですが、それだけに、ビデオを公開せず、「日本側からぶつかった」という既成事実が作られてしまうならば、大変なことになってしまうのではないか、と危惧しています。



 先日のフジタ社員釈放の「条件」として、「ビデオの非公開」を約束したのではないか、という「説」もありますが、

 これが本当ならば、もっと大変なことになりかねません。



 私は、「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは誰か」という記事を書き、「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは誰か」について、情報を募集していますが、

 まず間違いなく、「こぐま弁護士」さんは誰かに怒鳴りつけられて、「びびった」のであり、おそらく「正当な書き込み」を、「弁護士として、認めるわけにはいきません」と非難したうえで、一方的に削除したと考えてよいと思います。

 この「こぐま弁護士」さんの態度は、まさに、今回の中国側の態度そのものであり、「正当な行為」を非難し、開き直っているわけです。「こぐま弁護士」さんとしても、まさか、「はい。その通りです。怒鳴りつけられて怖かったので、正当な書き込みだとは思いつつも、一方的に非難して削除しました」と言うわけにはいきませんから、「黙り込んでいる」のでしょう。「こぐま弁護士」さんとしては、「黙るほかに、手はない」のだと考えられます。



 また、上記、「こぐま弁護士を怒鳴りつけたのは誰か」において言及している湯山孝弘弁護士についても、

 まず間違いなく、「いままで築き上げてきたものを失いたくない」ために、私に金を振り込み、「金をやったんだから」と「公的機関に伝えない」ことを要求し、それを私が承諾しなかったために、私を脅して「誰にも言わない」ことを強要した、と考えてよいと思います。

 この湯山孝弘弁護士の態度も、まさに、今回の中国側の態度そのものであり、「困るのが嫌なら、言うことをきけ」と脅しているわけです。湯山孝弘弁護士からは、このブログの記載について、苦情どころか、私の質問に対する回答も、まったくありませんが、それはおそらく、「はい。あなたの書いている通りです。いままで築き上げてきたものを失いたくなかったので、賄賂を渡して黙らせようとしたのですが、賄賂作戦が失敗したので、今度は脅して黙らせようとしました」と言うわけにもいきませんから、湯山孝弘弁護士としては、「黙るほかに、手はない」のだと考えられます。



 日本政府が今後、「黙るほかに、手はない」立場に立たされると、大変なことになります。日本政府としては、「おかしな」取引をしたりせず、毅然とした態度をとっていただきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対中経済支援は日本を危険にする | トップ | 中国は見かけほど強くないか... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。