言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士が増員に反対する本当の理由

2011-12-17 | 日記
 ここでいう「増員に反対」とは、「合格者数を減らそうとする動き」を指しています。つまり、「増員ペースを緩やかにしろ」という主張も含めて「増員に反対する」と簡潔に表現しています。

 簡潔に表現するために(やむなく)このような表現をしています。お読みになられる際には、その点に注意してください。



森田税務会計事務所」の「見当違いの,司法試験合格者数の下方修正」( 2010年01月08日 )

1月5日の読売新聞夕刊は、政府(つまり法務省)が司法試験の合格者数を下方修正するという方針であることを伝えました。
司法改革の一環としての平成14年の閣議決定により、本来であれば、「今年(22年)頃には合格者数をほぼ3,000人程度まで増やす」という計画でした。それを見直すことを明言したわけです(なお当初の合格者数は1,000人見当で、ここ2年は2,000人水準までに増えています)。

下方修正の理由は、「無理に増員を目指せば、法曹界の質が低下しかねないため」とのことです。さらに日弁連はこれに加えて、「弁護士の就職難が深刻になる」という点を挙げています。
しかしそうした問題は、当初の計画段階で分かっていたはずです。それでも「国民が弁護士を容易に利用できるようにするためには、大幅増員が必要」ということで、この計画が正式に決定されていたはずではないでしょうか。

しかしペーパー試験を難しくすれば、本当に弁護士等の質が向上するのでしょうか。私はそうは思いません。試験が難しくなればなるほど、やたらペーパー試験に強い人だけが合格するだけの話です。そういう人は、いわゆる「頭のいい」人なのかもしれません。しかしそれが本当に弁護士といった法律家に適しているかどうかとは、別問題のように思います。

私は本業の関係や、多くの行政訴訟を行っていること等から、弁護士をよくみることのできる立場にいます。そうした面からはっきり申し上げると、彼らの少なからぬ人は、弁護士の素養・資質に欠けているように思えてしまいます。
弁護士に必要な素養とは何でしょうか。それは「人の気持ちが分かる」が最大だと思います。弁護士が依頼者の代理人として動く以上、それは当然のことといえましょう。

その他としては、まず常識を中心とするバランス感覚がある。折衝力がある。法律を含む文章を的確に読みこなすことができる。頭と口が達者で文章力もある、等々です。
そして世の中がこれらの素養の重要性を認識したからこそ、法科大学院を設け、それらを優先的に身につけさせようとしたわけです。

法律的専門知識は、その次の段階で要請されるものです。したがって、ペーパー試験的な高度な実力も必要となります。しかしそのレベルのものは、実務に就いてからしっかり学べば十分ではないでしょうか。
第一、ペーパー試験的実力をいくら付けても、複雑な実務をこなせるはずがありません。ですからスタート段階では、ある程度の法律的素養があればいいように思います。したがって彼らのいう「法曹界の質の低下」など、さして問題にするに足りません。

しかし下手をすると、先に述べたような素養に関しては、弁護士は一般の人に比べて劣っているのではないでしょうか。それは、弁護士が報酬を払ってくれる大切な依頼者を、すべて事務所に呼びつけていることから分かります。彼らは、自身の仕事がサービス業であるということを認識していないのでしょう。

その根本は、彼らがやたら難しい試験に合格したことによる、強烈なプライドにあるように思われます。またその試験の難関さは、合格者の「箔付け」になっています。
おそらく彼らの多くは、「弁護士になりさえすれば、一生いい思いができる」と考えて、死ぬ思いの勉強を続けてきたのでしょう。だからその試験に合格して箔が付いた以上は、その「いい思い」は、当然の権利であると考えている節があります。

弁護士の本来の実力は、ペーパー試験のでは測ることはできません。これを一言でいうと「向き・不向き」です。そして先に述べた素養を持っている人が、弁護士に向いている人です。このような人は、おそらく立派な弁護士になるでしょう。
その一方、これらに向いていない人でも、試験にさえメチャ強ければ合格してしまいます。そしてその人も当然のように「いい思い」を要求します。そして弁護士会も、その利益擁護団体である以上は同じことを言います。

日弁連による「弁護士の就職難が深刻になる」という増員反対の理由が、その点を明示しています。つまり、「弁護士になった以上は、従来どおり「いい思い」のできる職場が与えられて当然」という考えです。
何より、試験が易しくなり「合格者の質が低下」したのでは、箔が付かなくなります。となれば、弁護士(さらにいえば法律業界)の社会的地位が大きく下がってしまします。「合格者数の増員防止」の本音はここにあるように思うのです。

しかしそもそも、本来弁護士を必要としている人は、現状の何倍もいるのではないでしょうか。また地方都市には弁護士がほとんどいない、というのもよく知られた事実です。
結局のところ、弁護士報酬が高すぎるために依頼できないのでしょう。であれば、報酬の水準を下げれば仕事が増えるはずです。何より、着手金をゼロ水準にして、成功報酬に一本化すれば、依頼者は相当増えるのではないでしょうか。
要するに汗をかきさえすれば、仕事(したがって就職先も)あるはずです。そして本来それを狙っての合格者増員計画だったはずなのです。

以上から、"人為的に試験を難しくすることにより合格者に箔を付け、汗をかかなくとも合格者全員が「いい思い」ができるように"、と言わんばかりの「合格者数の増員防止」方針は、いかがなものかと思うしだいです。

はっきり申し上げて、護送船団行政を思わせる今日の弁護士業界は、ぬるま湯状態にあるように思えてなりません(むろん多くの立派な弁護士がおられるのも事実ですが)。
やはりこの業界も、切磋琢磨により実力を付けた人が生き残り、そうでない人が脱落するという、あたりまえの競争社会でなければなりません。こうした緊張感が支配する中にあって初めて、われわれ依頼者が、しっかりした法律的サービスを受けることができるようになると考えるしだいです。


 司法試験の合格者数をほぼ3,000人程度まで増やす計画だったにもかかわらず、合格者数が下方修正され、現状2,000人程度になっている根拠は、「無理に増員を目指せば、法曹界の質が低下しかねないため」「弁護士の就職難が深刻になる」だとされている。しかし、弁護士の本音は、「やたら難しい試験に合格したことによる、強烈なプライド」・「箔」・「社会的地位」を維持し、「いい思い」をしたい、ということではないか、と書かれています。



 この指摘は、「当たっている」のではないかと思います。

 まず、合格者数を減らす根拠について考えてみます。上で挙げられているのは、「無理に増員を目指せば、法曹界の質が低下しかねないため」「弁護士の就職難が深刻になる」です。以下、順に考えてみます。



 (1) 「無理に増員を目指せば、法曹界の質が低下しかねない」

 ここでいう「質」とは何か、が問題になります。法曹界・法律家の「質」として考えられるものには、当ブログの過去記事「弁護士増員と、弁護士の質の関係」のコメント欄で指摘されているように、
  1. 知識のレベル
  2. 実務能力
  3. 倫理レベル
  4. 扱う事件の質
などが考えられますが、おそらく増員反対の根拠とされているのは、
「知識のレベル」や「実務能力」という意味での「質」
でしょう。

 しかしながら、旧司法試験合格者(つまり弁護士増員前=合格者数が少なかった時代に司法試験に合格した弁護士)のなかにも、「知識のレベル」や「実務能力」に問題がある弁護士がいることは事実です。私が経験した事例では、たとえば第一東京弁護士会 (一弁) の湯山孝弘弁護士などが、「知識のレベル」や「実務能力」に問題がある弁護士にあたります。

 なお、湯山孝弘弁護士について、私が能力面で問題があると考える根拠は上述の「弁護士増員と、弁護士の質の関係」に記載しています。

 余談ですが、第一東京弁護士会 (一弁) の湯山孝弘弁護士の場合、「倫理レベル」にも問題があると考えられることは、「弁護士法 56 条に定める「品位を失うべき非行」の基準」に記載している通りです。



 (2) 「弁護士の就職難が深刻になる」

 これは根拠としては「論外」です。その根拠は「なぜ弁護士「激増」なのかがわからない」に書いています。引用します。
たとえば調理師やタクシーの運転手など、他の「一般の」職業にも免許制度がありますが、それらの職業では需要を考慮して合格者数を調節しろ、といった話は聞いたことがありません。
 弁護士を「特別扱い」する必要性が示されないかぎり、たとえ弁護士の就職難が深刻になろうと、合格者数を減らす必要はありません。

 「弁護士の就職難が深刻になる」ことを根拠として合格者数を減らすことが正当化されるならば、「大学生の就職難が深刻になる」ことを根拠として大学入試の合格者数(すなわち大学の定員)も減らすべきだということになりますし、「高校生の就職難が深刻になる」ことを根拠として高校入試の合格者数(すなわち高校の定員)も減らさなければならない、ということになりますが、このような結論はあきらかに「おかしい」でしょう。



 次に、弁護士の本音は、「やたら難しい試験に合格したことによる、強烈なプライド」・「箔」・「社会的地位」を維持し、「いい思い」をしたい、ということではないか、という指摘について考えてみます。



 (1) まず、(やたら難しい試験に合格したことによる)「箔」・「社会的地位」を維持し、「いい思い」をしたい、という点についてですが、

 これは要は、弁護士の人数が増えればその分、競争が激しくなり、弁護士1人あたりの平均収入が減る。これが弁護士が増員に反対している本当の理由である、と言っているわけです。

 これが弁護士の本音なのかどうか、それは弁護士でなければわかりません。そこで弁護士はどう考えているのか、をみてみます。弁護士の本音は、「弁護士増員に反対する弁護士の本音」で引用している部分に記載されています。つまり、
「こんなに増やして弁護士は食っていけるのか」が弁護士の本音である
ということです。つまり今回引用している「森田税務会計事務所」の指摘は正しい、ということになります。



 (2) 次に、弁護士の「強烈なプライド」という点はどうでしょうか。

 この点に関しては、前述した第一東京弁護士会 (一弁) の湯山孝弘弁護士の例が参考になります。この弁護士さんが突然、「今まで築き上げてきたものを失いたくないんだ!!」と(私に)怒鳴ったことはすでに「弁護士による「詭弁・とぼけ」かもしれない実例」などに記載していますが、

 この弁護士さんはそのとき、「君は僕よりも頭がいい!!」と(思わず)口走ったのです。それ以後の、この弁護士さんの異常な態度、たとえば威張りながら「(法律を守ることは)で~きないから~あ」と言ったり、意味ありげに笑いながら小馬鹿にしたように「(法律を守ることは)でえっ、きないから~あ」と言ったり、などの異常な態度を考えると、そこには、
  • (弁護士であるオレはエライという)「強烈なプライド」が現れていると同時に、
  • (弁護士ではない)「君は僕よりも頭がいい!!」と思わされる現実に直面した際に、自分の「強烈なプライド」を守るために異常に威張ったり、相手を小馬鹿にしたい、という心理が働いていたのではないか
と考えられます。

 とすれば、弁護士には「強烈なプライド」があり、弁護士には自分の「強烈なプライド」を守ろうとする心理が働いている、と考えられます。

 もちろんこれは、第一東京弁護士会 (一弁) の湯山孝弘弁護士という、限られた例をもとに推論しているにすぎませんが、現にこういう弁護士がいる以上、同様の考えかたをする弁護士さんは、ほかにもいる、と考えることが合理的だと思います。



 以上により、今回引用した「森田税務会計事務所」の「見当違いの,司法試験合格者数の下方修正」で主張されている内容、すなわち、
 司法試験の合格者数をほぼ3,000人程度まで増やす計画だったにもかかわらず、合格者数が下方修正され、現状2,000人程度になっている根拠は、「無理に増員を目指せば、法曹界の質が低下しかねないため」「弁護士の就職難が深刻になる」だとされている。しかし、弁護士の本音は、「やたら難しい試験に合格したことによる、強烈なプライド」・「箔」・「社会的地位」を維持し、「いい思い」をしたい、ということではないか
は、基本的に「正しい」のではないかと考えます。



■関連記事
 「弁護士増員反対論に対する反論
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠華事件の頼昌星被告、中国... | トップ | 金正日総書記が死去 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。