言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

派遣を非難しても始まらない

2009-10-07 | 日記
個人発明家blog」 の 「経団連に責任があるとする亀井発言は的を得ているのでは

asahi.comで見たが、最近の親族間の犯罪の増加などの社会の風潮に関する大企業と経団連の責任についての亀井大臣の発言(次の通り)が波紋を広げているらしい。以下はasahi.comより引用。

 「(大企業は)従業員を正社員からパートや派遣労働に切り替え、安く使えればいいということをやってきた。人間を、自分たちが利益を得るための道具としか考えないような風潮があり、社会の風潮もそうなる。人間関係がばらばらになり、家族という助け合いの核も崩壊していっちゃう。改革と称する極端な市場原理、市場主義が始まって以来、家族の崩壊、家族間の殺し合いが増えてきた。そういう風潮をつくったという意味で、(経団連に)責任があると言った」(6日、閣議後の記者会見で)

波紋はあるとしても、 ある程度は当たっていると思う。

人間をただの道具として扱い、個人の尊厳を貶める経営を行った結果として、社会にそういう風潮を作り出したという意味では。

亀井さんは、多くの国民の感覚をきちんと受け止めている人だと思った。


 亀井大臣が、大企業と経団連の責任について発言し、波紋を広げている。ある程度は当たっている、と述べられています。



 「ある程度は」 当たっている、とのことなので、おそらく 「やむを得ない面もある」 とも、思っておられるのだろうと思います。

 海外に工場を展開していた日本企業が、国内生産に戻り始めたのは、製造業派遣の解禁後だったと思います。したがって、「安く使えればいいということをやってきた」 というよりは、「安くなければ、雇用そのものが不可能」 なのだと思います。



 海外を考えなければ、「派遣を禁止して正社員化」 すれば、すべてはうまくいく、とも思われるのですが、安価な海外製品の流入を考えれば、それでは、国内の雇用は 「さらに悪化」 してしまうと思います。

 国際的にみれば、派遣の賃金も、日本は高いといえます ( 「アジア各国の賃金例」 参照 ) 。日本企業は、( 国際的にみれば割高な ) 賃金を支払いながら、派遣労働者を雇用してきた ( 雇用の拡大に協力してきた ) 、といってよいと思います。



 したがって、大臣の発言が波紋を広げるのは当然です。「ある程度は」 当たっているとは思いますが、かといって、そのような主張をしたところで、雇用が増えるわけでもない。「派遣を禁止して正社員化」 を強制すれば、正社員が増えるかというと ( おそらく ) そうはならず、非正規雇用までもが失われてしまうことになる可能性が高いと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファントラ | トップ | 生命保険の破綻 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (寝たろう)
2009-10-07 22:06:46
こんにちは
TBありがとうございました。
確かに海外市場を相手にするしかない製造業では、人件費は中国などとの兼ね合いで下げざるを得ないですよね。
だから、日本全体の産業構造を製造業からサービスや農業など、中国の人件費と比較する必要のない産業構造にしていくのがよいのか、製造業にはもう日本ではやっていけないから、海外に出て行ってもらうほうがよいのか、いろいろな方策があると思いますが、私にも分かりません。
Unknown (memo26)
2009-10-08 01:58:40
寝たろうさん、こんにちは。
日本は、石油などの資源を輸入するために、外貨を稼がなければなりません。製造業は守らなければならないのではないか、と思いますが、他にも手があるのかもしれないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。