言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

借換債

2009-10-22 | 日記
森木亮 『日本国破産への最終警告』 ( p.49 )

「亡国の技巧」の第二は、特例法による赤字国債まで六十年償還としたことである。赤字国債は社会資本の耐用年数とはまったく無関係で、財政学上は歳入欠陥が生じたときに発行する国債である。だから、年度内に償還するのが大原則だ。これを建設国債と同じように六十年償還としたことは、まさに「亡国の技巧」の最たるものである。
 この財務省の二つの「亡国の技巧」の結果、「借換債」というとんでもない代物を生んでしまった。こんな国債は世界に類例がない。日本の財務官僚や政治家の会計音痴ぶりが、世界の笑いものになっているが、その自覚すらないのである。借換債は現在一〇〇兆円の大台に乗っているが、これが財務省の「奥の手」だと自慢しているようでは言語道断だ。


 日本では、建設国債のみならず、赤字国債まで 60 年償還とされている。その結果、「借換債」 というとんでもない代物を生んでしまった、と書かれています。



 冒頭、「『亡国の技巧』 の第二」 は、とありますが、「第一」 は、建設 「国債の 60 年償還ルール」 です。

 60 年償還ルール自体、異常であるが、そのうえさらに、赤字国債までもが 60 年償還ルールの対象となっている。そしてその結果、借金を返すための借金、借換債が発行されるに至っている…。

 と、書かれていると、いかにも大変な状況であるかに思われますが、実態は、すこしちがうと思われます。



YOMIURI ONLINE」 の 「借換債(かりかえさい)

道路や橋などの耐用期間を60年とみなし、建設資金を調達するため、国債は60年かけて償還するのが原則だ。

 60年満期の国債は市中では消化されないため、満期5年や10年などの国債で調達し、満期を迎えたら償還する。その時に代わりに発行する国債を借換債と呼んでいる。既存の借金を継続するためのものなので、政府の新たな借金にはならない。




 「借換債」 というのは、満期 5 年や 10 年などの国債を借り換えつつ、60 年かけて償還するものなので、60 年前の借金を返すために、あらたに、60 年後に返済するたぐいの借金をしているわけではありません ( 60 年満期の国債を償還するために、60 年満期の国債を発行するのではない ) 。借換債がどんなものかについては、

財務省」 の 「借換債による公債償還の仕組み

に、グラフを用いたわかりやすい説明があります。

 要は、サラ金の借金を返すために、あらたにサラ金から借金をしているような状況ではなく、「はじめから計画的に、借り換えを前提に借金をしている」 わけです。( 著者は 「日本の財務官僚や政治家の会計音痴ぶり」 が問題だと書いていますが ) 国債の 「ご利用は計画的に」 なされていると考えてよいと思います。



 しかし、そうは言っても、現在、大変な状況であることには変わりありません。

 税収 40 兆円前後であるにもかかわらず、50 兆円を超える国債が発行される可能性がある、と報じられています (↓) 。



YOMIURI ONLINE」 の 「09年度の新規国債 50兆円示唆 財務相」 ( 2009年10月20日 読売新聞 )

環境税10年度にも

 藤井財務相は20日の閣議後の記者会見で、2009年度の税収の落ち込みを補うために赤字国債を発行し、09年度の新規国債発行額が初めて50兆円を突破する可能性を示唆した。藤井財務相は「税収の落ち込みは大きい。この問題には国債増発で対応する。(09年度補正予算の見直しで確保した)3兆円は使わない」と語った。

 藤井財務相は、09年度の税収が想定した約46兆1030億円を大幅に下回り、40兆円を割り込む恐れがあると指摘。減収分を補うために赤字国債を発行すれば、09年度の新規国債発行額が当初見込んでいた計44兆1130億円を大幅に上回る見通しを示した。

 さらに地球温暖化対策税(環境税)の導入について「議論の進み方によっては前倒し的なこともある。政府税制調査会でも話が出てくる可能性がありうる」と述べ、早期導入に慎重な姿勢から一転し、2010年度から実施する可能性を示唆した。10年度予算の概算要求が過去最大に膨らむ一方で、税収減や暫定税率の廃止などで財源が失われるため、環境税で穴埋めを図る狙いがあるとみられる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国債の 60 年償還ルール | トップ | 新司法試験合格者数に関する... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国債の償還について (maemae)
2009-11-28 15:13:36
こんにちは、私は経済にそれなりの知識があるので反論させていただきます。

税収40兆円、国債発行50兆円ではたしかに赤字ですが、日本の個人資産(つまり銀行や保険会社に預けてある貯蓄)が現状で1400兆ほどあります。そのうち、内閣の借金が800~900兆くらいなので、実質トータルで見ると国は黒字なんです。なので国債は個人資産で十分に償還できることになります。国の借金は問題ではないのです。

ただ、これには問題があります。個人資産1400兆は数年前には1500兆でした。ここ数年で100兆減っているのです。このままずるずると赤字国債が増える、そしてGDPが増えない、個人資産が食い尽くされていくということになると、赤字国債や借換国債を償還できなくなる可能性があります。そうなると破綻です。このままのペースですとあと30~40年といったところでしょうか・・・

つまり今政府がやるべきは消費に回っていない莫大な個人資産を政府が借りて支出していくことです。うまくいけばGDPが増え税収も増える、所得も増えていくわけです。

麻生政権はこれをやりました。もちろん、直接国民に配ったりするのは愚作ですが、やり方としては間違っていなかったのです。竹中が間違っています。

小泉竹中、そして今の民主党がやろうとしているのは80年前のアメリカ共和党政権(フーヴァー大統領)がやった政策と同じです。

Unknown (memo26)
2009-11-28 23:06:34
こんにちは。コメントありがとうございます。

いただいたコメントのうち、国債は計画的に発行されていて問題はない、という部分は、私が書いていることと同じだと思います。大問題だと書いているのは、私ではなく、( 私が引用した ) 本の著者です。

> つまり今政府がやるべきは消費に回っていない莫大な個人資産を政府が借りて支出していくことです。うまくいけばGDPが増え税収も増える、所得も増えていくわけです。

反論というのは、日本については、国債はまったく問題にならない、資産超過であり、次々に国債を発行して公共事業を行うべきである、ということでしょうか? 私は、まったく問題にならない、とまでは思いませんが。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
暫定税率 民主党 (旬刊!ニュースダイジェスト)
藤井財務相、「『地球温暖化対策税』の導入、前倒し的になると思う ... 来年度から実施する方針のガソリン税などの暫定税率の廃止で2.5兆円規模の減収となることから、新税で税収を確保することを視野に入れている。 【政治】 藤井財務相 「新しい税『地球温暖化対策税』...