言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今後は気象庁の放射性物質拡散予測が公表される見込み

2011-04-04 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「気象庁拡散予測「公表すべきだった」…官房長官」( 2011年4月4日16時46分 )

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が放射性物質の拡散予測を連日行いながら、公開していなかったことに関し、枝野官房長官は4日午後の記者会見で、「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と述べた。

 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。

 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1~2回、拡散予測を計算している。





 気象庁の放射性物質拡散予測を「公表すべきだった」と官房長官が述べた、と報じられています。ということは、当然、

   今後は「公表する」

ということだと受け取ってよいと思います。



 なお、いまのところ、気象庁のウェブサイトには放射性物質拡散予測情報はみあたりません。



■関連記事
 「日本政府は放射性物質の拡散予測結果を公表していない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本政府は放射性物質の拡散... | トップ | 台湾の中央研究院による放射... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。