言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今後予想される北朝鮮情勢

2011-12-29 | 日記
リチャード・L・アーミテージ ジョセフ・S・ナイJr 春原剛 『日米同盟 vs. 中国・北朝鮮』 ( p.116 )

春原 さきほど「金正日」後のお話もされていましたが、その時点でも北朝鮮は中国と「血の同盟」関係を維持しているでしょうか?

アーミテージ 歴史的に見て、北朝鮮は必ずしも「中国寄り(Pro-China)」とは言えないと思います。もちろん、彼らは中国に依存していますが、それは必ずしも北朝鮮が中国を信頼しているとか、好きだとかいうことではありません。同時に中国は北朝鮮をしても嫌っているのです!
 その昔、朝鮮戦争に参加した人民解放軍の退役軍人らと話をしたことがあるのですが、彼らは皆、北朝鮮に対する不平、不満を口にしていました。いわく、「北朝鮮は人民解放軍にまったく感謝の念も持っていない」、「朝鮮戦争で村落を解放してあげたのに我々に勝利の行進をさせなかった」、などです。このエピソードでもわかるように中朝関係というのはいつもどこか刺々しい(とげとげしい)ものなのです。だからといって、北朝鮮が突然、「米国寄り」になるとも思えません。なにしろ、過去六十年間も「反米」でやってきたのですから……。まあ、突然の変わり身もあるかもしれませんが、常識的には(反米思想から抜け出すには)相応の時間がかかるでしょうね。

春原 繰り返しになりますが、金正日氏が権力者の座から降り、息子の時代になった後、北朝鮮が「先軍政治」を変える可能性はあると見ているのですね。

アーミテージ 可能性としてはとても小さいと思いますがね。

ナイ 非常に流動的で予見は難しいですね。ある人は軍部が実権を握ると言い、別の人は三男の金正恩とその後見人である張成沢のコンビが権力を継承し、それを朝鮮労働党の第三世代が支えるという構図を描きます。最後は混乱の極みになると指摘する人もいます。つまり、それは(ルーマニアの独裁者だった)チャウシェスクのような状況ですね。
 ここで問題なのは一体、これらのシナリオのうち、どれが本当に起こるのか予見できないことです。恐らく彼らは第二のシナリオに沿って動いているのだと思いますが、それがうまくいかないと判断すれば、第一のシナリオを採用するかもしれません。それでもダメなら崩壊へと続く混乱状態に突入するでしょう。

春原 北朝鮮問題に中国を関わらせるというのはクリントン政権時代からの課題でしたが、ブッシュ政権になってようやく六ヵ国協議の「議長国」という形で中国を引きずり込む格好となりました。今、振りかえって見てなぜ中国は議長国を引き受ける気になったのでしょう?

ナイ 恐らく、中国はこうした事態に蓋をしたかったのではないでしょうか。そのためには六ヵ国協議が彼らにとって便利な道具に思えたのではないかと思います。

春原 米国の過剰な介入を防ぐためですか?

ナイ いや、それだけではなく、北朝鮮を封じ込めるためでしょう。しかし、中国は韓国海軍の艦船「天安」沈没事故で北朝鮮への非難を受け入れず、韓国や他の国々からの信任を落としました。もちろん、それは六ヵ国協議自体にもダメージを与えたと思います。

アーミテージ 理由は二つあります。第一に議長国になることによって、北朝鮮に過剰な圧力がかからない方向にもっていけると踏んだのです。第二の理由は彼らの虚栄心をある程度、刺激したのでしょう。

春原 中国に議長役を委ねることについて、米国内では「中国に主導権を奪われる」と懸念する声もありましたが……。

アーミテージ そんな心配は無用です。中国に議長役を依頼したのは我々(パウエル国務長官とアーミテージ副長官)ですが、その当事者である我々にはアジアから手を引く気などさらさらありませんでしたから。我々が政権を去った二〇〇五年時点では米中関係も良好でした。中国もそれを公言していたぐらいです。
 六ヵ国協議を立ち上げた頃、我々は「太平洋国家」としての自負をしっかりと持っていました。

ナイ 実際、六ヵ国協議以外にどのような選択肢があるのかは不明です。少なくとも六ヵ国協議は北朝鮮に対応するための外交政策を調整する枠組みとしては機能していると思います。


 金正日の時代が終わったあと、北朝鮮がどうなるかはわからない。中朝関係はとげとげしいが、六ヵ国協議では、中国は北朝鮮に過剰な圧力がかからない方向にもっていこうとする、と書かれています。



 上記引用によれば、米国の専門家にとっても、今後、北朝鮮がどうなるかは「非常に流動的で予見は難しい」ようです。

 しかし、「予見は難しい」としつつも、ある程度の予想は示されています。それによれば、
  1. 金正恩とその後見人である張成沢のコンビが権力を継承し、それを朝鮮労働党の第三世代が支える
  2. 軍部が実権を握る
  3. 混乱の極みになる
  4. 崩壊する
の順に起こる、ということになります。上記過程の「どこで止まるか」はわからないが、この順番で進行するだろう、ということです。



 おそらく誰も、この順番に異論はないと思います。したがってこの順番を「示す」ことに意味があるのか、やや疑問がありますが、

 専門家の意見を「整理して示す」ことには一定の意味があると思い、引用しています。



■関連記事
 「金正日総書記が死去
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の核能力 | トップ | ロシアにとっての極東問題 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。