言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発が「絶対に安全」だとすることの弊害

2011-04-18 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「米国製ロボット、水素爆発の建屋内を調査」( 2011年4月18日01時28分 )

 東京電力は17日、遠隔操作できる米国製ロボット2台を使い、福島第一原子力発電所1、3号機の原子炉建屋内の調査を開始した。

 水素爆発が起きた両号機で、原子炉建屋内を調べるのは初めて。

 米アイロボット社から提供を受けたロボットは、放射線量などの測定器を備えている。作業員は建屋の外で、ロボットのカメラが撮影した映像を見ながら遠隔操作。ロボットはアームで建屋の扉のハンドルを回して内部に入った。

 前日、作業員が1号機原子炉建屋の扉のガラス越しに放射線量を測定したところ、毎時270ミリ・シーベルトだった。東電は、ロボットが計測した放射線量などのデータを精査中で、作業員が建屋内にどれくらいの時間、滞在できるかを判断する。


 東京電力がロボットを使い、原子炉建屋内の調査を開始した、と報じられています。



 「被災地での復興・救助活動にロボット投入」という方向性はすでに示されていましたが、ただちに調査が始まらなかったのは、

   「操作訓練」に時間がかかった

ということなのかもしれません。慣れない機械 (ロボット) ですから、やむを得ないと思います。



 しかし、ここで問題にすべきは、「なぜ、米国製なのか」です。



HONDA 本田技研工業株式会社」の「HUMANOID ROBOT SITE



 上記ホームページを見るまでもなく、

 日本にも、ホンダのASIMOがあることは (おそらく) 誰でも知っています。

 これは週刊誌で読んだのですが、本田のASIMOは「放射線対策」がなされていなかったらしいのです。つまり、放射線で「回路が正常に作動しない可能性がある」ということらしいです。

 だから日本のロボットは使えなかった。

 とすれば、なぜ、日本では「万一の場合」に備えて、ロボットに放射線対策を施していなかったのか (原発用ロボットを用意していなかったのか) 、が問題になります。



 これはおそらく、「需要がない」からでしょう。国なり、電力会社なりが、「万一の場合」に備えて「用意しておくべきだった」が、放射線対策を施したロボットの「需要=注文がなかった」ということだと思います。

 ここには、原発は「絶対に安全」です、とすることの弊害が現れています。

   いったん、「絶対に安全」だということになれば、
    「万一の場合」に備えた「対策」は取れなくなる

のです。「万一の場合」が「想定外」になってしまうのです。



 私が「「絶対に安全」はありえない」述べているように、原発は

   「絶対に安全」ではないが、
   「ほぼ確実に」安全です、

と言っていれば、「きわめて低い可能性だが、事故になる場合もありうる」ということになり、

   「万一の場合」に備えて、
   放射線対策を施したロボットを用意しておく

という道がひらけます。



 このように考えれば、「絶対に安全」です、などと言わずに、

   「絶対に安全」はありえない

と認めることが、(今後、原発を推進するなら) 重要なのではないかと思います。



■関連記事
 「輸送用機器操縦用ロボットの価値
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「絶対」を強調するときには... | トップ | レーガン減税 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。