言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サプライ・サイド原因論をめぐって

2009-05-23 | 日記
長期不況とケインズ経済学 2」で、疑問に一応の決着がつくと、

「総需要を強調するケインズ経済学でさえも、需要不足は長期的には価格の調整を通じて解消されるとされる。ケインズ経済学は、景気循環のような短期の経済変動を説明するには有効かもしれないが、九〇年代の日本のような長期の停滞を説明するには無理がある」(林 二〇〇三、三頁)。


という記述は正しいのか、が再度、疑問として浮上してきます ( 「長期不況とケインズ経済学」参照 ) 。


これに対しては、いくつか、ありうる可能性が考えられるのですが、ここはひとまず、疑問のまま、保留にしておこうと思います。

言及は、根拠となるメモ (すなわち記事) を書き続ける過程で、可能性を絞ったうえで、行おうと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長期不況とケインズ経済学 2 | トップ | 軍事を軽視する経済大国、カ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。