言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日銀出身エコノミストは日銀を批判しない

2012-11-29 | 日記
zakzak」の「金融緩和否定派の手口を暴く 「隠れ日銀」の経歴にも要注意」( 2012.11.29 )

 安倍氏が掲げているインフレ目標は、インフレ率を低すぎず高すぎない水準に管理する方法で、先進国ではほとんどの国が採用しているが、ハイパーインフレになった国はない。

 これに関連して「2~3%程度のマイルドインフレにはできない」と言いつつ、「金融緩和すると一気にハイパーインフレになる」という支離滅裂なロジックにも気をつけたほうがいい。

(中略)

 さらに、誰が主張しているかに注目するのもいい。反対を唱えている識者やエコノミストの経歴を調べてみると、かなりが日銀関係者であることがわかる。学者であれば日銀金融研究所での経歴が参考になる。

 日銀出身の民間エコノミストで日銀を批判するのはまずいない。民間企業は日銀の「考え方」を知りたいから彼らを雇っているわけで、日銀との関係がなくなれば意味がない。金融機関関係者も日銀との関係が重要なので日銀の批判はしない。最近は安倍政権の誕生を見据えて、個人名で批判することは少ない。会社名での批判には特に注意すべきだ。

 安倍氏の発言がねじ曲げられて報道されることもある。建設国債の日銀引き受け発言も、本人にも確認したが、全くの誤報だ。先日、経済評論家の池田信夫氏とインターネット上で議論したが、彼も他のマスコミと同じく、「(安倍氏は)日銀引き受けと言っていないが、日銀引き受けと同じ意味だ」と他のマスコミと同じように間違っていた。

 野田佳彦首相の「インフレで得をするのは資産家」という発言にも気をつけるべきだ。既得権者こそデフレで得をするのだ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)


 高橋洋一さんは、日銀出身者は (立場上) 日銀を批判しない、日銀の主張を支持する傾向がある、と言っています。

 これと同じことを、田中秀臣さんも(著書の中で)言っていました。

 専門家の主張だからといって、「そのまま信用」してはいけない、ということですね。



 そもそも、金融緩和でハイパーインフレになる、という主張は「おかしい」と思います。

 なぜなら、「ハイパーインフレになる前に金融緩和をやめればいい」からです。



 金融緩和を「やめるタイミング」をうまく見計らうのが、日銀の役割・仕事ではないでしょうか?

 いまのところ、「タイミングを見極めるための理論」が存在していないようですが、だからといって「金融緩和を始めればハイパーインフレになる」とは言えないことは、あきらかだと思います。理論がなくても、「やめるタイミング」を見計らうことは可能です。そしてそれこそが、「プロの技」ではないでしょうか?

 理論がなければタイミングを見計らえない、理論さえあれば…、というのでは、「日銀総裁は誰でも務まる」「専門家である必要はない」ということにもなりかねないと思います。



 過去、日銀は金融緩和によって「デフレが終わりそう」になると、あわてて金融緩和をやめてしまい、その結果「デフレに逆戻り」を繰り返してきたと言われています。

 ということは、「金融緩和はデフレ脱出策として有効」だということです。

 たんに、日銀が「金融緩和をやめるのが早すぎる」ということです。

 日銀は「ハイパーインフレが怖い」だけでなく、「タイミングを見極める技術に自信がない」のでしょうかね。。。



 でも、国民は「デフレ」で困っているんです。。。



■関連記事
 「自民党の安倍総裁が掲げる政策
 「デフレの脱出策と日銀の説明責任
 「バーナンキの背理法
 「金融緩和は「確実に」需要を増大させる
 「量的緩和と岩石理論、そして構造改革
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元外務省国際情報局長、孫崎... | トップ | 自民党の安倍総裁、退役自衛... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。