言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世襲議員が現れる背景

2009-09-05 | 日記
森谷正規 『戦略の失敗学』 ( p.194 )

 もう一つの問題、なぜ首相たるべき人材が自民党に現れないのか。それにはやはり、派閥と後援会が深くからんでいる。
 後援会では、応援してきた議員が引退する場合に、後継者をいかに選ぶのか、誰にするのか。さまざまな候補がいるだろうが、後援会はいろいろな集団が寄り集まったものである。その集団はそれぞれに性格が異なっており、候補者として望ましい人物は異なるだろう。能力ではなく、自分たちに近い者を推そうとするからだ。したがって、まとまりがつかない。後援会には一般に、強力なリーダーシップを取る者はなく、したがって、調整ができない。
 そこで、引退する議員の息子が浮かび上がってくる。息子であれば誰も反対することはできず、最も無難な選択である。地元では親父の名前が通っていて、カンバンにもなる。そこで、当人は政治家にはなりたい気持ちがなくても、強引に説得することになる。福田康夫はそのようであり、まして首相になるとは思いもしなかったのだろう。
 こうして無難な選択をするのであるから、きわめて優秀な人材を発掘して育てていくことなどはできない。二世議員あるいは三世議員の世襲議員ばかりが増えていって、素質の劣化が進むことになる。まったくの実力で勝ち抜いてきた経験がないので、ひ弱でもある。なんだか自民党は、時を経て劣性遺伝になったようである。
 領袖が派閥を率いていた時代は、世襲などはまったくなくて、みな実力でのし上がってきた者ばかりであった。池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘、みなそうであり、いわば立志伝中の人たちだ。いま政治の世界で、この言葉は死語になってしまったが、何が違うかと言えば、長い苦闘の時代があったか、なかったかである。
 世襲議員に苦闘はない。選挙の苦労もほとんどなく、早ければ三〇歳前後で国会議員になって、議員バッジをつけて地元ではちやほやされる。党では、派閥が新人議員の教育をやってくれる。それは、手取り足取りの実地教育であり、型にはめることになりがちである。野生味がある型破りの男や女は、世襲議員には生まれないのだ。

(中略)

 だが、苦労しなくていい世襲議員は汚いことに手を出す必要はなく、失脚するとすれば、国際会議後の記者会見で風邪薬か酒かで朦朧として、世界中に恥をさらすようなことをやってしまった場合である。こうして、苦闘しなかった議員が生き残るのだ。さて、あの朦朧議員の後援会は、これからもぶら下がろうとするのだろうか。
 こうした世襲議員の中でも、首相や党の最高幹部の重責を担った者の息子は、格を上げていくのに有利である。そこで、格別に優秀な人間でないのに、漢字を読むのを間違えることが少なくないのに、首相にまでなる。したがって、首相たる「能力に欠ける」のであり、わずかの間だけ首相を務めて、ちょっとしたことで辞めざるをえなくなるのも当然だ。
 自民党が再生できるとすれば、これまでの構造には頼らないオバマ型のトップが必要になる。


 世襲議員が現れる背景と、世襲議員が有力議員や首相になる原因が書かれています。



 要は、後援会そのものがいろいろな集団の寄り集まりであり、( 議員が引退する際に ) 次の候補者として、「無難な選択」 として、議員の息子が選ばれる。そこでは、能力も志も問われていない。したがって、議員の質は劣化する。さらに、世襲議員は格を上げやすく、閣僚や首相になりやすい、という話です。

 おそらく、書かれている通りなのだろうと思います。



 しかし、ひとつ、疑問があります。「領袖が派閥を率いていた時代には、世襲などはまったくなくて、みな実力でのし上がってきた者ばかりであった」 のは、なぜなのか。それがわかりません。上記記述には、その説明が欠けています。

 選挙区内に自民党の候補者が何人いるか。その差が、議員になる際に、「苦闘」 の有無となって効いてくるのかもしれませんが、そうであれば、派閥について書く際に、選挙制度についても書かれているはずです。また、小選挙区制になる前にも、世襲議員はいたはずです。したがって、この説明には、釈然としないものが残ります。



 この本、「戦略の 『失敗』 」 事例として自民党が取り上げられていますが、選挙前に出版されています。自民党の敗因については、さまざまな研究がなされると思いますので、それらを読みつつ、考えたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政指導は明確でなければな... | トップ | 高齢者の医療費 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。