言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロシアの地政学的特徴

2010-09-18 | 日記
曽村保信 『地政学入門』 ( p.194 )

 最後にソ連ハートランドの地政学的な特徴について、マッキンダーがその論文のなかでほとんど強調しなかった、ひとつの重要な点にふれておきたい。それは、およそ世界中でソ連だけに特有な "水運 (ヴォードヌイ・トランスポルト)" の概念である。ロシア建国の昔から、ドニエプルやヴォルガ、ドンのような大きな河川が、国土の形成に大きな役割を果たしてきたことはよく知られている。しかし、まだあまりよく知られていないのは現代の国際政治におけるその役割である。
 ソ連は、しばしば大陸国家だといわれる。が、とくにその中心部についてみるとき、白海とバルト海、そして黒海という周辺部の海は、ことごとく運河または上記のような河川の体系によって互いに結ばれている。もとより大型の船舶はこれらを航行できない。しかしながら三千トン内外の、優に外洋の航海にたえられるだけの艦船が、内陸を自在に往来できるのは、この国だけである。したがって、このことは戦略的にみて、大変重要な意味をもっている。
 たとえばモスクワ近在の工場の製品を積載した船は、まず黒海に出てから、さらに地中海を経て、世界の各地に物を運ぶことができ、その間に荷物を積み替える必要がない。あらゆる商業用船舶が軍の統制下にあるソ連では、武器の積み出しももちろん同時にできる。そして場合によっては、アマゾン川をさかのぼってキト (エクアドル) の近辺まで行くこともある。こうしてソ連国内の水系は、南米のアンデス山脈まで切れることなくつながっているわけだ。このような国内の河川航運と外洋における海運とをひとつなぎにしてみたのが、つまりソ連の "水運" である。
 ロシア人の感覚からすれば、いわゆる国際海峡や運河もまた、このような航路の延長の一部に過ぎない。かつて国連の第三次海洋法会議において、米ソ両国が互いに情報を交換しながら、国際海峡の自由な通過権を維持するために協力し合ったのも、むろんそれぞれの世界戦略にもとづいた行為だった。けれどもソ連の場合には、ことに周辺の海はその領土の外延であるという潜在的な意識が強くはたらいており、このことがロシア人の海洋法にたいする解釈に常に独特な趣 (おもむき) をあたえている。かつてローマ人が、地中海のことを "われらの海 (マーレ・ノストルム)" といったように、ロシア人達は、北極海や太平洋の一部をも "歴史的な海" と称して、国際法上も何となく特別の扱いにしようとしてきた。また白海やバルト海、黒海等も、しばしば閉鎖海と称せられ、したがって沿岸国だけが自由に出入りできるという学説がとなえられてきた。
 少なくとも、事、海に関する限り、ソ連はローマ帝国の完全な承継者であろうとしている。それは、一九六八年に黒海艦隊の一部が地中海に常駐を始めた際に、タス通信が、「ソ連は、黒海――したがってまた地中海における一大勢力として、この地域におけるプレゼンスの当然な権利を行使する」(前掲ゴルシコフの論文より引用)と、声明したことによっても知られる。


 ロシアの地政学的な特徴が書かれています。



 ユーラシア大陸の中心部は、海とは隔てられた領域であると考えるのが通常ですが (「マッキンダー理論の背景」の引用部参照) 、実際には、

 こと、ロシア中心部にかぎっては、三千トン内外の外航船が内陸部を自在に航行しており、内陸部と外洋とが一体となっている。

 とすれば、ロシア人の感覚としては、国内河川に対するのと同様、外洋 (沿海) についても、「国土の一部」すなわち「領海」であると捉える傾向にある、と考えられます。



 しかし、ここでわからないのは、このように船舶による航行が自在であるなら、

   なぜ、ロシアでは製造業等の産業が (さほど) 発達していないのか、

です。製造業であれば基本的に屋内で可能ですから、「寒い」ということも問題にならないでしょう。ロシアは石油・鉱物資源も豊富ですし、製造業の発達には向いているのではないかと考えられます。

 原因は封じ込め政策にある、とも考えられますが (「地政学の概要」参照 ) 、

 なんらかの内在的な要因も影響しているとみられます。その原因を推測するには、ロシアについて、詳細な知識が必要になると思われます。機会をみて、ロシアの歴史・産業等についても調べたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大東亜共栄圏と左翼 | トップ | 尖閣諸島についての台湾のス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。