言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

皮肉を言う暇があれば

2009-10-10 | 日記
PINE's page」 の 「こんなのは序章にすぎない。

過払いバブルが吹き飛んだ後に、激しい生き残りのための戦いが始まる。

弁護士を大増員し、弁護士に自由競争をさせ、その結果、能力のない弁護士は淘汰させる、という素晴らしい司法改革。

能力のない弁護士が淘汰されるためには、その弁護士に依頼するお客さんがいて、そのお客さんがヒドいめにあって、「あの弁護士はとんでもない。」と評判になり、その結果、その弁護士に依頼するお客さんがいなくなり、その弁護士が店仕舞いする、というのが自然の流れだろう。

だから、今の前提で行く限り、ヒドいめにあうお客さんの存在は、弁護士の淘汰のために、必要とされるものなのだ。


 自由競争による淘汰は、「素晴らしい司法改革」 だと書かれています。



 同ブログの記事 「ひどいね。」 において、「刑事事件の国選弁護から撤退して良かった。」 と書かれているので、まず間違いなく、弁護士さんのブログだと思いますが、

 弁護士自身が 「素晴らしい司法改革」 と評しているのですから、増員路線を継続すべきだと思います。



 もっとも、この弁護士は、皮肉として 「素晴らしい司法改革」 と言っている可能性が高い ( 本心では素晴らしいと思っていない ) 、とも考えられるのですが、





『ある消費者金融業者の代理人弁護士は「報酬は過払い分の2割弱が相場だが、なかには3割以上の報酬を求める弁護士らもいる」と打ち明ける。』 とあるが、現在は、弁護士報酬は自由化されているので、事前にきちんと説明をしておけば何も問題はないはず。

(中略)

また、『仙台市の会場で自己破産を希望する参加者に対し、「地元の弁護士にお願いしなさい」と拒否。』とあるが、これも、弁護士は事件を受任する義務はないので、仕方ないだろう。


 読売新聞 「過払い返還請求トラブル急増…日弁連が異例の指針」 の報道に対して、( 弁護士の態度は ) 法的には問題ない、と述べられています。



 法的には問題ない以上、司法改革の弊害は発生していないと考えられます。誰も 「ヒドいめ」 にあっておらず、弊害が発生していないのですから、皮肉を言う必要はないと思います。
 ( 弊害が発生していないにもかかわらず、皮肉を書いたのであれば、自分に都合が悪くなったのが気に入らない、というにすぎません )



 私としては、( 皮肉ではなく、本当に ) 「素晴らしい司法改革」 だと思います。なぜなら、





国の弁護士大増員の方針が変わらなければ、弁護士、さらに司法書士も、自分の生活を維持するために、必死にならざるをえないでしょう。

民間企業や個人事業者は、どこも、利益を上げるために、血の滲むような努力をして、経営を合理化し、不採算部門から撤退し、利益の上がる部門に経営資源を集中させているでしょ。
国は、弁護士や司法書士にも自由競争による生き残りを求めるのだから、もうかる仕事しかしなくなっても仕方ないと思う。


 弁護士が儲かる仕事しかしなくなっても仕方ない、それは当然だ、と書かれていますが、



 いままで、一定の利益が ( 事実上 ) 保障されてきた弁護士が、「自分の生活を維持するために、必死にな」 り、「血の滲むような努力をして、経営を合理化」 すれば、コストが下がり、小さな事件も 「もうかる仕事」 に変わると考えられるからです。

 皮肉を言う暇があれば、( その時間に ) コスト削減の努力をして、市民が気軽に依頼できる料金にしてください。価格が下がれば、確実に需要は増えると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペイオフの実施 | トップ | 需要不足だとしても、規制緩... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。