言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スペイン語辞書

2010-07-20 | 日記
 更新しない日が続いていますので、すこし近況を。

 このところ、スペイン語を学んでいます。まだ、主要な動詞の活用を暗記している段階です。スペイン語は英語と違い、動詞の活用が変化に富んでいるので、すこし手間取っています。



 スペイン語で書かれた文章を読む際に、わからない単語を辞書で引くのですが、たまに、辞書を引いてもわからないときがあります。おそらく、辞書の見出し語は不定詞で構成されているにもかかわらず、私が、不定詞で辞書を引いていないことによるものと思います。

 すこしわかりにくいかもしれないので、例を挙げます。たとえば hablaba ( 動詞 hablar の第一・第三人称単数線過去形 ) であれば、本来、hablar で辞書を引くべきですが、まだ動詞の活用を全部覚えていないので、hablar で辞書を引けずに hablaba で辞書を引いている、といった状況を想像してください。



 紙の辞書であれば、ある程度、前後の見出し語がわかります。しかし、電子辞書の場合、一覧性に欠けるために、前後の見出し語がわかりません。

 したがって、電子辞書を引くには、一定の知識が必要になります。



 それなら紙の辞書のみを使えばよい、ともいえるのですが、コンピュータ画面上の文章を読む際には、copy & paste で引ける電子辞書が速く、電子辞書にも捨てがたいものがあります。

 そこで、自動的に「活用語尾を削除し、不定詞に戻したうえで辞書を検索する」ツールがあれば。。。



 というわけで、作ってみました!!

…と書きたいところですが、作っていません。動詞活用の知識がなければ作れませんので。逆に、知識があればツールは不要ですので、知識がある人は、このようなツールを作ろうとも思わないでしょう。

 というわけで、誰もツールを作らない、という状況が続くのかなあと思ったりしつつ、動詞の暗記を続けています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉需要の背景 | トップ | このブログについて »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。