言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「絶対」を強調するときには、何か裏がある

2011-04-18 | 日記
 今日の記事、「「絶対に安全」はありえない」を書いていて思いましたが、

   世の中に「絶対」はありえない

ことを考えると、

   「絶対」を強調するときには、何か裏がある

と考えてよいのではないかと思います。



 原発の「絶対に安全です」の場合には、

   「本当は絶対に安全ではありません」が、
   「絶対に安全だと思わせたい」

という裏の意味 (本当の意味) が隠されているわけです。



 同様に考えれば、湯山弁護士による、「(私=memo26が) 絶対、絶対、絶対、絶対、絶対に許されないことをした」の場合には、

   許されないことは何もしていないが、
   許されないことをしたと思わせたい

という裏の意味 (本当の意味) が隠されているのではないか、と考えられます。

 このように考えれば、湯山弁護士の態度、すなわち、

   ( 私=memo26 は )
   「絶対、絶対、絶対、絶対、絶対に許されないことをした」ので、

   「誰にも言わないほうがいいと思う」

と、私がアドバイスを求めていないにもかかわらず、アドバイス(?)をしたり、

   ( 私=memo26が )
   「それでは警察に行って自首しようと思いますが、
           かまいませんか?」と尋ねた際に、

   湯山弁護士が
   「警察に行く必要はない」の一点張り

だったことも、説明がつくと考えられます。

 要は、「黙らせたい」のではないか、ということです。

 もちろんこれは私の「推測」にすぎませんが、湯山弁護士が「教えてくれない」ので (私は)「推測」するほかありません。



■関連記事
 「弁護士による「詭弁・とぼけ」かもしれない実例
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「絶対に安全」はありえない | トップ | 原発が「絶対に安全」だとす... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。