言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

告白されました!!

2010-01-30 | 日記
 一週間ほど前、告白されました。

 直接、言われたのではなく、メモを受け取りました。メモは直接、渡されたのではなく、私のところに置かれていたのですが、



 どうも、人違いではないかと思います。

 人違いではなく、私あてなのかもしれませんが、「男性から」 告白される日がくるとは、思ってもみませんでした ( 私は女性ではありません ) 。



 そこで今日は、告白された立場 ( 女の立場 ) から、意見を書いてみたいと思います。




  1. 直接、「好きです」 と言うべき。せめて、( メモは ) 手渡しにすべき。

     告白されても、「相手がどんな人なのか」がわからなければ、返事のしようがありません。直接、( 私を見ながら ) 言われれば、その際に、相手がどんな人なのか、なんとなくわかります。

  2. メモには、ある程度、個人情報を記すべき。

     私が受け取ったメモには、名前が書かれていましたが、名字が書いてありませんでした。また、学生なのか社会人なのか、( 学生であれば ) どんな部活をしているのか、など、「どんな人なのか」 についての情報が、まったくといってよいほど、書かれていません。
     
     これでは、告白された側としては、返事のしようがありません。

  3. 連絡先には、電話番号を書くべき。

     「どんな人なのか」 について書かれていなくても、電話番号が書かれていれば、返事、あるいは、「告白ありがとう」 の連絡をする際に、「相手がどんな人なのか」 について、相手の雰囲気や話しかたなどから、多少は推し量れます。
     
     しかし、連絡先がメールアドレスでは、ほぼ間違いなく、無視されるのではないかと思います。「相手がどんな人なのか」 がわからなければ、返事をしづらいです。
     
     すくなくとも、「つき合う」 展開には、ならないと思います。

  4. どこが好きなのか、多少は具体的に書くべき。

     「どこが好きなのか」 が具体的に書かれていなければ、告白されても、「人違いかもしれない」 と考えてしまいます。告白する際、相手の名前がわからなければ、相手の名前を書けないのはしかたありませんが、

     「どこが好きなのか」 を具体的に書けば、告白された側としては、( 人違いではなく ) 「私が」 好きなんだ、ということがわかります。

     また、「どこが好きなのか」 が具体的に書かれていなければ、「本当に好きなのか」 、疑問を持ってしまいます。ある程度の具体性がなければ、告白に、説得力がありません。


 これでは、告白が空振りに終わってしまいます。どうせなら、「つき合う」 展開にしたいですよね? 誰かの参考になればと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正義の過信とフラストレーション | トップ | 日米のバブル崩壊における相違点 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。