言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

習近平「出世を目的としないのか」と問われて

2011-12-15 | 日記
茅沢勤 『習近平の正体』 ( p.239 )

 近平はインタビューで「出世を目的としないのか」との質問に対し、こんな答え方をしている。
「それは非常に重要な問題です。何を人生の座標軸とするかです。政治の世界に入る前、私はじっくりとこの問題を考えました。政界に足を踏み入れる前に、思想的にはっきりとさせておくべき問題が2つあったからです。まず、『お前はどのような道を歩きたいのか』ということ、そして『お前が求めているものは何か』ということです。
 公僕として大事を成すに当たって志を立てることは大切です。熊の掌(山のもの)と魚(海のもの)をともに得ることができないのと同じように、政治の道に入ったら、財を成すことを考えてはなりません。孫中山(孫文)が言っているように、志を立てて大事を成したいなら、経済的な富が伴う『大官』になってはならない。現在では合法的に富を追求する道はたくさんあります。ビジネスで富を得るのは悪いことではない。大金を稼げば税金をたくさん払うことになり、社会主義市場経済を発展させることに通じるからです。
 しかし、政治の道に足を踏み入れてから金を儲けようとすれば、『貪官』『贓官』と呼ばれ、いつ捕まるかと怯え、最後はよからぬ場所に身を堕とすことにもなりかねません。政治の道に入ったら私利私欲を捨て、役得を得ようなどとは絶対に考えてはいけないのです」
 確かに、近平が福建省にいた当時、「遠華事件」など多くの汚職が発覚したが、近平はそれらに関与することなく、それもまた出世のきっかけとなった(第四章参照)。


 習近平はインタビューで「出世を目的としないのか」と問われ、「政治の道に入ったら、財を成すことを考えてはなりません」「政治の道に入ったら私利私欲を捨て、役得を得ようなどとは絶対に考えてはいけないのです」という答えかたをしている、と書かれています。



 習近平のこの「答え」は「ヘン」です。

 「出世を目的としないのか」と問われたにもかかわらず、「役得を得ようなどとは絶対に考えてはいけない」と答えているからです。

 これでは、習近平は、「あなたは出世を目的としないのか」という問いに「答えたくない」のだと思われても、しかたがありません。



 本当に答えるつもりがあれば、
  • 「私は出世を目的としています」、または、
  • 「私は出世を目的としていません」
と答えているはずです。そもそも、
「あなたは出世を目的としているか」と問われて、「政治家が金持ちになろうとすることの是非」を述べること自体が、おかしい
と思います。これは、
  1. 「論点ずらし」であるうえに、
  2. 「自分が」金持ちになろうとしているかではなく、「一般論として」政治家が金持ちになろうとすることの是非を答えている
点で、「二重におかしい」といえます。



 それではなぜ、習近平がこのような「おかしな」答えかたをしたのか、といえば、

 それはやはり、「習近平の下放時代・その2」などで繰り返し延べてきたように、習近平は「出世したい」と強く望んでいるからでしょう。

 つまり、「出世を目的としないのか」という問いに対して、「いいえ。私は出世を目的としていません」と答えればウソになるし、正直に「はい。私は出世を目的としています」と答えれば、「とんでもない奴だ」ということになり、出世に不利になる。だから問いに答えられない。そこで習近平は、「論点をずらした」答えかたをしたと考えられる、ということです。



 なお、この本の引用は今回で終わりです。明日以降、別のテーマに移ります。



■関連記事
 「答えない理由
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 在韓日本大使館前の「慰安婦... | トップ | 遠華事件の頼昌星被告、中国... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。