言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なぜ弁護士「激増」なのかがわからない

2011-10-22 | 日記
 当ブログの「弁護士増員反対論に対する反論」のコメント欄で、
 そもそも、なぜそこまで弁護士を増やしたいのですか。
と問われたので、
 それは誤解です。私は最近、増員問題について(自分のブログで)意見を表明していません。あなたがコメントされているこの記事も、一年以上前のものです。私が執拗に増員を主張しているのであればともかく、一年以上も増員問題について意見を主張していないのですから、「なぜそこまで弁護士を増やしたいのですか」と問われても困ります。

 私は弁護士を増やしたいのではなく、弁護士の「質」を上げたいのです。また、弁護士に対する市民のアクセスを改善したいのです。要は、弁護士の「質」を上げつつ、「料金」を下げたいのです。そのためには、弁護士の「数」を増やすのが最善だと思います。

 逆に、私のほうから問いたいのですが、増員反対派の方々が、やたらと「激増」と主張するのは、いかがなものかと思われませんか? 現状が「激増」といえるのか、それ自体が議論に値すると思いますが、なぜか増員反対派の方々はその議論を飛ばして「激増」と主張したがります。したがって、私からすれば、「増員反対派の弁護士は、なぜそこまで弁護士を増やしたくないのですか」と問いたくなります。


 なお、「資格制度を設けている以上、一定の能力担保は必要です」というご意見には同意します。しかし、増員すれば「質の低い弁護士」が増えると考えるのは、なぜですか? 「質の低い弁護士」が淘汰されることで、かえって「弁護士の質」が高くなるのではないでしょうか。とすれば、「一定の能力担保は必要」である以上、増員路線を維持すべきである、という論理も成り立ちます。

 また、「一般の職業と比較するのは間違いです」とのことですが、「なぜ間違いなのか」「なぜ弁護士は特別なのか」が示されないことには、あなたの意見には説得力がありません。たとえば調理師やタクシーの運転手など、他の「一般の」職業にも免許制度がありますが、それらの職業では需要を考慮して合格者数を調節しろ、といった話は聞いたことがありません。
と回答したのですが、いまだご返事がありません。

 「自分は質問するが、質問には答えない」という態度はいかがなものかと思います。



 私としては、「???」なままなので、

元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記」の「法科大学院撤退と日弁連バッシング

という記事のコメント欄に、
 前から疑問に思っていたのですが、そもそも、あなたが「大増員」であるとか「激増」であるとか主張する根拠は何ですか? まさか、仕事にあぶれた弁護士がいるから、といった「くだらない」根拠ではないですよね?

 坂野弁護士のブログは私も、読んだことがありますが、とても弁護士とは思えないほど、論理性に欠けるご意見を書かれていましたよ。坂野弁護士のブログを読んだだけでも、増員前の弁護士のレベルは高いが、増員によって弁護士のレベルが下がった、とはとても言えないことがわかると思いますが…。

※ たんに論理性に欠けるというのみならず、論理的に「おかしな」主張を坂野弁護士はされていた、という意味です。
と質問を記き込んでみました。



 こちらのブログ主である、元「法律新聞」編集長の河野真樹さんは以前、
増員に反対するために「わざと」「偏った」主張を「意図的に」している
と書かれていたので、「世論を増員反対に誘導しよう」とされているのだと思います (つまり元ジャーナリストでありながら、公平な態度をとろうとなさっておられない) 。

 したがって、こちらのブログ主さんも答えてくださらないかもしれませんが、一応、質問を書き込んでみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「司法修習生の司法修習」は... | トップ | 宇宙は次の平滑空間たりうるか »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロー卒)
2011-10-23 17:16:54
ご無沙汰しております。
『現状が「激増」といえるのか、それ自体が議論に値すると思います』。
全く同感です。
議論には純拠点が必要ですが、日本が民主国家である以上、国民が出発点とすべきは「2010年合格者3000人閣議決定」であるはずです。
現状は目標「未達」であり、「目標」の数倍、例えば5000人、6000人と合格させているならともかく、「激増」の通常の意味用法から考えて、目標未達の現状は文字通り「未達」に過ぎず、まかり間違っても「激増」などと評価しうるものではありません。弁護士「激増」などというのは法曹ギルドの考え出した、史上最悪のデマゴーグだと考えます。
Unknown (memo26)
2011-10-25 17:52:28
 私は増員問題についてはこのところ、意見を表明していない(記事を書いていない)のですが、いま、新しい記事を書く準備をしています。いつになるかはわかりませんが、

 もしご関心がおありでしたら、ときどきこのブログに来てみてください。
Unknown (ロー卒)
2011-10-25 22:51:21
ありがとうございます。
管理人様の増員問題の記事をいつも楽しみにしています。
増員について、肯定的(というか減員論に対して否定的)な現役弁護士のブログとして、もうご存知かもしれませんが以下のものをご報告します。
http://d.hatena.ne.jp/attorney-at-law/20100909/1284044373

http://www.ypartner.com/hitorigoto.html
あと、法と経済学の立場から増員論を唱える学者に安念 潤司、福井秀夫、各氏がおられます。著書などは示唆に富みます。
ご参考までに。失礼します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。