言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

農産物価格と供給量

2009-05-09 | 日記
柴田明夫『食糧争奪』 (p.118)

当時の李鵬首相は「中国を養うのは中国である」と反論した。食糧不足懸念を払拭するため、政府は買付価格を二倍近く引き上げるなど、農家の増産意欲を喚起した。実際、九六~九九年にかけて食糧は五億トン前後と過去最高レベルの生産が続いた。しかし、その結果、中国では供給過剰問題が発生。


 農産物も価格が上がれば、供給が増える。したがって、工業製品と変わらない、と考える余地がありそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食料自給率の新定義 | トップ | 「国際社会において、名誉あ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。