言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

需要不足だとしても、規制緩和は必要

2009-10-11 | 日記
紺谷典子 『平成経済20年史』 ( p.306 )

 竹中経財相は、サッチャリズム、レーガノミクスを手本にしていたそうだが、彼らの状況と、今日日本がおかれている状況はまったく異なる。当時の英米の問題は供給の不足であり、不足をもたらしている非効率だ。
 しかし、日本の供給は限界的なまでに効率化され、不足しているのは需要である。需要の不足は競争原理や規制緩和で補うことはできない。


 英米とは異なり、日本では、供給は限界的なまでに効率化されている。不足しているのは供給ではなく、需要であり、競争原理や規制緩和では補えない、と書かれています。



 日本では需要が不足している、というのは、その通りだと思います。

 しかし、( 中国などの ) 新興国の製品がきわめて安価である以上、競争上、日本企業も、安く製品を作る努力が必要となります。規制緩和を行わなければ、日本は没落への道をひた走ることになると思います。



 なお、サービス業については、事実上、国際競争が存在しないケースが多いと思われますが、それだけに、規制が敷かれやすく、また、規制が緩和された場合であっても、そこで生じる競争は、製造業ほど厳しいものにはならないのが通常です ( 「サービス業における競争の特殊性」 参照 ) 。

 実際、サービス業の一種である弁護士業について、規制緩和 ( すなわち増員 ) の結果、競争が生じていますが、それに対する弁護士の反応には、「「はじめに増員反対ありき」 の弁護士?」 や、「皮肉を言う暇があれば」 でみたように、「どこか、甘えた態度」 がみられます ( 甘えていなければ皮肉は言わない ) 。

 「甘えている」 というのは、言いかたを変えれば、「まだ、余裕がある」 のであり、本当に真剣に競争をし、サービスを向上させようとしている人間の態度ではありません。まだまだ競争が足りない、と考えられます。

 サービス業の分野についても、効率化への努力がもっとなされるように、規制緩和が必要だと思います。



 サービス業の非効率・高価格が、製造業の足を引っ張っている面もあるのではないでしょうか。日本が生き残るには、サービス業の規制緩和も必要不可欠だと思います。



■追記
 本文中で 「日本では需要が不足している、というのは、その通りだと思います。」 と書いていながら、タイトルが 「需要不足だとしても、規制緩和は必要」 となっています。( 実際に ) 需要が不足しているのか、( かりに ) 需要が不足していても、なのか、やや矛盾がみられます。
 私が云わんとしている ( いわんとしている ) のは、多くの製造業の分野では、需要が不足しているが、サービス業の分野では、( たとえば弁護士業など ) 需要がみられる分野がある。したがって、両者をあわせて表現すれば 「需要不足だとしても」 規制緩和は必要、です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皮肉を言う暇があれば | トップ | 製造業の効率向上には、サー... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (A)
2009-10-11 20:46:53
小泉純一郎と竹中平蔵のおかげで、自殺者は増え強盗や殺人事件は増え、ホームレスが急増したんですよ。

それを知る処から、始めて下さい。
http://blog.goo.ne.jp/aiu_project
そうですか? (memo26)
2009-10-11 21:00:51
改革を行ったから、「自殺者は増え強盗や殺人事件は増え、ホームレスが急増した」 のでしょうか?

「派遣を非難しても始まらない」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/c232e1465af5930c252be84b7c72dc2a

をお読みください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。