言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プラザ合意

2009-09-14 | 日記
紺谷典子 『平成経済20年史』 ( p.31 )

 昭和60年(1985)9月、米国は、輸出を増やすべく、G5各国にドル安への協調介入を要請した。「プラザ合意」である。結果、日本は嵐のような急激な円高に見舞われ、「円高不況」に陥った。1年足らずの間に30%以上という前代未聞の円高だ。しかし、日本企業はなんとかこれを乗り切って、世界を驚かせたのである。
 プラザ合意はある意味で成功しすぎた。ドル安は、米国の貿易赤字を解消せず、米国からの資金流出を招いたのだ。他国の資金なしには立ち行かない米国経済は、自らが望んだドル安で新たな問題を突きつけられた。


 1985 年のプラザ合意によって、日本は円高不況に陥った、と書かれています。



 さき ( 未来 ) のことはわかりませんが、おそらく、円高になるのではないかと思います。とすると、上記、「円高不況」 への対処も、今後の日本にとって、参考になるものがあるのではないか、と思います。



 それはともかく、今日はとくに書きたいことがありません。プラザ合意について、書きたいことがないのなら、なぜ書いたのか、ですが、「このあと ( 続き ) で書きたいことがあり、その前置き」 として書いています。

 というわけで、今日はこのへんで。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競争否定論は談合肯定論である | トップ | ルーブル合意 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。