言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本における反戦論の根源

2010-08-27 | 日記
佐高信・編 『城山三郎と久野収の「平和論」』 ( p.40 )

佐高  城山さん、お住まいの近くではあまり講演とかをやらないのでは。

城山  講演は苦手なものですから、できれば勘弁してもらっています。地元でもそうなんです。佐高さんを尊敬していますし (笑) 、僕の言いたいことは、佐高さんが言ってくださいましたからね。
 私は実際に広島で原爆を見ているんですね。海軍にいまして、広島から七、八キロの所にある山の上の高射砲陣地にいました。その高射砲は、ブーゲンビルかどこかにあったものを持ってきたものでした。大正一〇年式だというんですね。昭和二〇年に大正一〇年式の大砲を持ってきた。弾を詰めようとする人は、年輩で兵隊に取られた人が多いですから、弾が重くてひっくり返っちゃうんです (笑) 。
 高角機関銃で飛行機を撃つんですが、機関銃なのに三発で撃つのを止めろというんです。「イチ、ニ、サン、……止めろ!」というんです。何のために機関銃があるのか知りませんけどね。アメリカ軍のグラマン戦闘機は、翼に機関銃をつけていますから、ババババと撃ってくる。それに対して、こちらは三発です。それが、末期の日本海軍の状況だったんですね。
 原爆が落ちた時に、教えていた教官が飛び上がっちゃったんです。海軍は沈着冷静だとさんざん言われているのにですね (笑) 。それで僕らが外に出てみたら、雷が一〇ぐらい落ちた明るさがあって、すごく怖い状況なんです。上官でも説明がつかないんですが、水力発電所が爆発したらしいと言うんです。火力発電所が爆発したのなら分かるんですが (笑) 。
 軍隊ですから広島へ救援に行くべきなのですが、陸軍と海軍は仲が悪かったんです。広島は陸軍の都で、僕らは海軍でしたから命令が出てこないんですね。次の日も基地の近くで訓練をしていました。そうしたら、どこかの家からおばさんが飛び出てきて、抱きついて、「兵隊さん、息子は広島で酷いめにあって殺されたんです。仇を討ってください」と泣いて言うんですね。
 原爆が落ちたということは後になってから説明されたのですが、僕らは「あれは光線を使う爆弾だ」と教わったんです。だから、「光線が通れないようにしておけば、絶対に怖くない」ということになった。次の日から第一種軍装といいまして、真っ白な服装をしろ、ということになりました。これで光線は通らないからいい、ということなんです。本当にいい加減なものですね。
 僕ら自身、最後は何をやらされるかと思ったら、横須賀の油壷へ送られました。僕らがいるのは呉鎮守府なのに、なぜ横須賀鎮守府に持って行かれるのかと思いましたが、「お前たちの仕事は向こうにあるから行け」ということでした。「行く前に向こうで間に合う訓練をしておくから」と言われて、水中で呼吸ができる道具を付けて、「水中特攻」の訓練をしたんですね。その頃そういう言葉はなかったんですが、最近それに関する本が出てきました。
 それは、人間が爆弾だということです。竿の先にダイナマイトを付けたものを持って、遠浅の海で待つ。敵の船が来るのは遠浅の海ですから、その読みは正しかったんですね。湘南海岸は東京に近くて遠浅ですから、上陸しやすい。それを迎え撃つ仕事をさせられるわけです。
 僕らの受けた訓練は、海の中に縦横五〇メートル間隔に並んでいる。人間機雷というんですが、機雷を持った人間がそこにいるということなんですね。上陸用舟艇に乗って敵が来たら、下からバンと爆破する。そして自分も吹っ飛ぶ。こういうことを、真面目にやらされたんですね。
 その時は何がなにやら分からなかったのですが、とにかく敵は東京を狙ってくる。東京に近くて上陸しやすい所に来る。それが茅ヶ崎海岸だったんです。遠浅で、上陸用舟艇が入りやすいんです。まさか、後にそこに住むとは思わなかったんですが、いまもその跡は残っています。海岸にあるコンクリートの建物が特攻の陣地だった。砂の上に特攻の陣地があるなんて、どうしてだろうと思っていたら、その建物に人間が入っていて、敵が近づいてきたら飛び出していって、海の中で特攻をやるということだったんですね。
 恐ろしいことを考えるというか、そんなところに行くまでにブレーキがかからなかったのか。そんなことをやって、勝てるわけがないんですからね。めちゃくちゃですね。よくあれで戦争をやったと思う。

佐高  勝てるという気持ちはどこからかなくなっていたんですか。

城山  神風が吹くということを、一五歳の頃からたたき込まれていますからね。そう思って、戦況は逆転するんじゃないかという期待を持っていました。

佐高  三発しか撃っちゃいけないと思っていても、それは崩れないわけですね。

城山  崩れないわけではなくて、これで勝てるかとは思っていました。ここまで来るまでに、何とかできなかったのか、こういうことをやって勝てるか、と思いました。呉の近くにいて油壷送りというのは、もう少し早く送り込まれていたら、何十年か早くここで死んでいるわけですね。


 城山三郎の戦争体験が語られています。



 この本、『城山三郎と久野収の「平和論」』は、二部構成になっています。それぞれ、見出しは、

   第一部  城山三郎の「反戦論」
   第二部  久野収の「非戦論」

となっており、第一部は城山三郎と佐高信、第二部は久野収と佐高信の担当です。上記引用部分は、第一部のうち、城山三郎と佐高信の対談部分です。



 見出しが示すように、この本は、「反戦・非戦」を主張しています。私は憲法九条の改正 (論) を支持していますが、軍事力によらずに国家を防衛できれば、それに越したことはないと思います。そこで、「反戦・非戦」論者がどのような発想に基づいて「護憲」を主張しているのか、それを知るべく、この本を引用したいと思います。



 今回の引用部分で、城山さんが語っておられるのは、日本がいかに勝ち目のない戦いをしたか、ということです。そしてまた、その勝ち目のない戦いのなかで、日本がいかに戦おうとしていたか、ということです。

 ここで、語られている内容について、簡単に私見を述べます。



 (1) 高角機関銃で敵機を迎え撃つ際、機関銃なのに三発で撃つのを止めろと言われた。これに対して、アメリカ軍の戦闘機はババババと撃ってくる。

   ここからは、当時、日本軍の物資がいかに欠乏していたかがわかります。戦闘機相手に、三発しか撃ってはいけないというのですから、防衛はほぼ絶望的だった、とみてよいと思います。



 (2) 原爆が落ちた際に、水力発電所が爆発したらしいと説明を受けた。しばらくして、光線を使う爆弾だと教わった。そして、真っ白な服装をしろ、これで光線が通らないから大丈夫だ、ということになった。これを「第一種軍装」という。

   水力発電所が爆発したらしい、という話には、日本軍にとって、原爆がいかに予想外だったかが示されています。したがって、日本には原爆に関する知識がなかった、圧倒的な技術力・情報力の差があった、と考えられます。もっとも、「上官」といってもどのクラスの上官なのかが判然としないので、この記述をもって圧倒的な技術力・情報力の差があったと断定してよいものか、すこし迷う部分はあります。

   しかし、「真っ白な服装をしろ」「これで光線は通らないからいい」ということになった、とあります。こちらは上官の個人的判断ではなく、「海軍の(それなりに正式な)判断」とみてよいでしょう。とすれば、圧倒的な技術力・情報力の差があった、とみてよいのではないか、と思われます。



 (3) 「人間機雷」の訓練を受けた。これは「水中特攻」である。

   この部分は、日本がいかに追い詰められていたか、あきらかな負け戦であると判明しつつある状況のなか、日本はどのように戦おうとしていたのか、を示しています。



 (4) これで勝てるか、と思いつつも、神風に期待していた。

   上記 (3) は日本という「国家」、海軍という「組織」がどのような決断をしたか (どのように考えたか) を示していますが、この (4) は城山三郎という「個人」はどのように考えていたのか、を示しています。

   おそらくこれは、多くの兵隊さんに共通した考えかた、受け取りかただったのではないかと思います。



 このように、城山さんが語られた内容からは、日本は「どうあがいても勝ち目のない、あきらかな負け戦のなか、最後まで戦おうとしていた」ことがわかります。これは人によっては、「死力を尽くして戦った」美談ということにもなるのでしょうが、その逆に、「勝ち目がないならさっさと降伏すべきである。勝ち目がないことがあきらかになった後の戦いは、くだらない」という受け取りかたもあります。

 おそらく、城山さんは「くだらない」という受け取りかたをされたのではないか。上記引用のなかに、「(笑)」と書かれている部分が散見されることから、このように考えられます。

 とすると、城山さんの「反戦論」というのは、

   「どんな戦いであれ、戦争そのものに反対である」というものではなく、
   「勝ち目のない戦争には反対である」という趣旨である

とも考えられます。

   「たとえ勝てることが確実であろうと、戦争には反対である」という考えかたと、
   「勝てる見込みがある戦争であれば反対しない」という考えかた

とでは、その内容がまったく異なります。後者であれば、(二度と負け戦はしなくてすむように) 日本は防衛力 (軍事力) を高めるべきである、という考えかたも成り立ちます。



 したがって、日本における「反戦論」が、「本当の意味での反戦論」なのか、「負け戦否定論」なのか、そのあたりを吟味しなければならないのではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄道と自動車、どちらが効率的か | トップ | 表現の自由と、個人情報保護... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。