言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「貸し渋り」 ではなく、「借り渋り」

2009-11-11 | 日記
リチャード・クー&村山昇作 『世界同時バランスシート不況』 ( p.58 )

 ガイトナー財務長官は、金融救済を急がなければならない理由として、金融救済をずっと先延ばしした日本の例を挙げ、このことが日本の不況を長引かせた原因であるとしているが、これは二つの意味で全く事実に反する発言である。その一つ目はガイトナー氏は、日本は銀行の不良債権問題にずっとフタをして対応を遅らせた結果、銀行が資金を実体経済に供給できず、それが不況を長期化させたとしているが、これは日本の銀行がこの間ずっと貸し渋っていたと言っているのと同じである。
 しかし、日銀短観のなかにある借り手企業側から見た銀行の貸し出し態度を見ると、一九九〇~二〇〇五年の一五年間で本格的な貸し渋りが起きたのは、一九九七年十月から一九九九年三月までの一八か月だけであり、これを除く期間では、企業側が、銀行はかなり積極的にお金を貸そうとしていたことを認めている(図11)。
 実際、一九九五~九六年頃の邦銀の貸出態度は「出前の蕎麦よりも早く銀行がお金を持ってくる」と言われたバブル期とほとんど同じくらい積極的であった。
 ところが、それでも企業側は、自分たちのバランスシートの修復を優先したため、図11の下にあるようにゼロ金利でもお金を借りようとしなかった。つまり日本では、借り手の減少の方が貸し手の減少より速く進んだのである。つまり日本の場合、銀行の「貸し渋り」よりも企業の「借り渋り」の方が不況の原因としては大きかったわけで、確かに日本には大きな銀行問題があり、一部では貸し渋りもあったが、それが日本経済低迷の主因ではなかったのである。
 ということは、ガイトナー財務長官の言う不良債権処理を急がなければ日本と同じ長期不況に陥るというのは、全くの事実誤認ということになる。当時の日本では、不良債権処理を急いだところで、企業のバランスシート調整が続く限り、景気が上向く理由はほとんどなかったからだ。


 バブル崩壊後の日本の金融問題は、誤解されている。日本では、( 例外的な期間を除き ) 「貸し渋り」 ではなく、「借り渋り」 が発生していたのである、と書かれています。



 日本での、バブル崩壊後の長期不況について、金融システムに原因がある、という見解があります。その背景には、

   不況が続くのは、銀行がお金を貸し出さないからだ、
   銀行が貸し出さないのは、銀行が不良債権を抱えているからだ、

という発想があります。この見解は、「早く不良債権を処理しなければ、いつまで経っても、不況は終わらない」 という発想に結びつくのですが、

   じつは、銀行が貸さなかったのではなく、企業が借りようとしなかった

というのが真相である、というのです。バブル崩壊によって、バランスシートが傷んだ企業にしてみれば、あらたな投資を行って事業を拡張するどころではなく、早く債務を返済して、バランスシートをきれいにしたい。当然だろうと思います。



 と、すると、不良債権の処理は急がなくともよい、ということになります。不良債権があるために、銀行が貸さなかったのではなかった。それどころか、日本では、銀行は積極的に貸し出そうとしていた。とすれば、不良債権の処理を急いだところで、景気はよくなりません。

 したがって、バブルが崩壊したときの対策としては、( 不良債権の処理も必要ではありますが ) 企業のバランスシート修復を速める政策をとるべきである、ということになります。



 私は、「大恐慌時の対策」 で、借り手の立場が重要であると述べましたが、著者は、別の径路をたどって、同じ主張をされています。不良債権の処理を急ぐべきか、にまで踏み込める点で、また、実証的な資料によっている点で、著者の径路のほうが ( はるかに ) 優れていること、もちろんです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PPIPのスキーム | トップ | 竹中ショック »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。