言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「朋友」 は 「友達」 ではない

2009-12-08 | 日記
田代秀敏 『中国に人民元はない』 ( p.16 )

 日本人は、「朋友」 を親友のような頼りになる存在として位置づけるが、中国では違う。
 実は、中国で 「朋友」 を見つけるのは、日本で 「友達」 を見つけるよりも簡単である。たとえば、一度紹介された人は 「朋友」 である。日本だったら 「知り合い」 くらいの感じである。
 知り合いでなくても、「朋友」 と言う時がある。それは 「争いがない」 関係である。北京でタクシーの運転手と料金のことで口論になったことがある。最終的には運転手の方が妥協して ( というよりも、無理な要求を引っ込めて ) くれたが、そのとき、不機嫌な顔で私に 「朋友になりましょう」 と言って、しぶしぶ規定の料金を受け取った。
 単なる知り合いではなく 「友達」 としてお付き合いしましょうと言いたいときは、「あなたを私の 『老朋友』 と呼んでいいですか?」 と言うのが普通である。ここで 「老」 は、「年寄り」 という意味ではなくて、「昔からの」 という意味である。「老朋友」 になるには、少なくとも一度は一緒に食事をして、互いの器量と人格とを認め合わなければならない。
 そうした食事の際には、あなたの人物をじっくりと評価しているから油断してはならない。どんなに酒を呑まされても、酔っぱらったらアウトである。泣いたり喚いたりしたら、二度と相手にしてもらえない。また、二次会に誘うのも禁物である。支払いは自分が全額払うか、相手が全額払うかの、二者択一である。割り勘を提案するのは最悪の結果を招く。
 ところで、「友達」 と 「朋友」 と ( あるいは 「親友」 と 「老朋友」 と ) の決定的な違いは、「友達」 の 「友達」 は原則として 「友達」 だが、「朋友」 の 「朋友」 は原則として 「赤の他人」 であることである。だから、中国には、「友達の輪」 というものが、原則としてない。
 このことが、日本の企業の現地法人で責任者が交替するときに、問題となる。前任者が中国人の信望を集め、どんなに豊かな人脈を築いても、前任者の 「老朋友」 たちにとって、後任者は 「赤の他人」 である。前任者が後任者をちゃんと紹介しても、「朋友」 の関係になるのがせいぜいで、それを 「老朋友」 の関係にできるかどうかは、後任者の努力にかかっている。
 これが日本だったら、取引先が前任者のことを直ぐに忘れて、後任者との関係を緊密にしようとしてくれるかもしれない。しかし、中国では、そうしたことは期待できない。
 要するに、中国では、人と人との関係が、徹底して具体的なのである。日本では、人ではなく名詞の肩書きと付き合っていることがよくあるが、そうした感覚は中国ではどうも希薄である。付き合う相手は、抽象的な会社ではなく、具体的な人に限られる。

(中略)

 友達の友達が自分にとって赤の他人であるなら、敵の友達が自分にとって赤の他人でも不思議はない。だからこそ、胡錦濤総書記は、小泉純一郎前総理の靖国神社参拝で面子を何度もつぶされたが、その小泉前総理の忠実な部下であり、小泉前総理から後継者として指名された安倍晋三現総理と、すぐに会見したのだろう。


 「朋友」 という言葉は、( 日本では ) 「友達」 と捉えられているが、「朋友」 は 「友達」 ではない。たんなる 「知り合い」 といった程度である、と書かれています。



 「朋友」 は 「友達」 である、という誤解が生じるのは、中国語の辞書などに、「友達」 と書かれているからだと思います。また、「朋友」 に、「友」 という字が含まれていることも、原因になっていると思います。



 さて、中国の 「朋友」 概念、そして、そこから派生する 「朋友の朋友は赤の他人」 という状況をもとに考えると、中国では組織を維持するのが大変ではないか、と思われます。また、終身雇用を望む人はほとんどいないのではないか、と思われます。

 組織を維持するのが大変ではないか、という観点でいえば、中国では大企業はほとんど生まれないだろう、企業の成長は中小企業の段階で止まることが多いだろう、と予想されます。

 終身雇用を望む人はほとんどいないのではないか、という観点でいえば、独立・起業が活発に続き、中国経済は簡単には衰えない、と予想されます。

 したがって、中国は、中小企業が中心となり、経済成長を続ける ( 止まらない ) のではないかと思います。



 組織を維持するのが大変な中国社会で、広大な中国を統治している共産党が、現在の統治方法をなかなか変えないのも、そこには、ある種の必然があるのではないかと思います。



 中国の政治・経済・軍事などを分析・予想するうえで、「朋友」 概念は重要な基礎になるものと思われます。



 なお、余談ですが、親密さの程度が、

  1. 男「朋友」 ・ 女「朋友」
  2. 「友達」 ( 男「友達」 ・ 女「友達」 )
  3. 「朋友」

と、「入れ子状になっている」 のはなぜなのか、不思議ではあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済的に余裕のない者の受験... | トップ | 中国の失業率 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。