言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発問題の解決策

2012-12-04 | 日記
毎日.jp」の「衆院選:日本の再生を決める…民主・野田代表の第一声」( 2012年12月04日 15時14分 )

 福島の再生なくして日本の再生なし。これからの日本の再生を決める選挙だ。賠償、除染、生活再建の道筋はつけたが、まだ道半ばだ。原発ゼロを目指してほしいという国民の声を受け止め、30年代に稼働ゼロを目指す。自民党は再生可能エネルギーの普及や省エネを本気でやるとは思えない。やらなければならないことを前に進めるのか、昔の政治に時計の針を戻してしまうのかが問われている。政権交代前と後では子育て支援が大きく変わった。

 国益は毅然(きぜん)として守り、主張する。ただ、相手を挑発する言葉が飛び交うようでは排外主義に陥る。冷静に外交・防衛政策を進めていく。(福島県いわき市で午前9時20分)


 野田総理は、選挙戦にあたって、福島で第一声をあげたようです。

 このセンス、いいと思います。



 ところで、国民のなかには「原発ゼロ」を求める声が強くあります。

 いまや国論は、「経済成長のためには原発が必要だ。電気代が高いと製造業が消える」といった主張と、「しかし原発は危険だ」といった主張に分かれています。いわば、

   経済成長重視派 = 原発維持
   安全重視派   = 原発ゼロ

といった感じになっています。



 私は「原発ゼロ」に反対していますが、私の考えかたは、上記2分法にあてはまりません。「前提が異なる」からです。

 私には、原発についてひとつのアイデアがあります。私が「原発ゼロ」に反対しているのは、「私のアイデアを実行に移せば問題は解決する」=「安全な原発が造れる」と思っているからです。

 そこで今回は、私のアイデアを説明します。



★人々が原発ゼロを求める理由



 原発には、「核のゴミ」をどうするのか、といった問題もありますが、それは福島で事故が起きる前から指摘され続けていました。しかし、それにもかかわらず、全体としてみれば、(当時の)世論は「原発ゼロ」を求めていなかったはずです。

 世論が「原発ゼロ」を求めるようになった最大の原因は、間違いなく、福島第一原発の事故によって、人々に多大な影響が及んだからです。

 ここまでの内容については、誰もが同意することと思います。つまり「安全な原発」を造れれば、問題は解決します。



★海上に原子力発電所をつくればよい



 私のアイデアとはつまり、「海上に原子力発電所をつくればよい」というものです。

 米軍普天間飛行場移設問題について、報道によれば、メガフロートにしてはどうか、という案があったようです。海上に、巨大な「鉄の箱」を浮かべ、その上に米軍基地を移す、という案です。

 このメガフロート案に対しては、米側は、「海中から攻撃された場合に、基地を守ることは困難」であることを理由に、拒否しています。

 たしかに、「海上に浮いている」メガフロートは海中から攻撃されやすく、米側が拒否することは理にかなっています。おそらく当然の判断でしょう。

 しかし、これが米軍基地ではなく、原子力発電所ならどうでしょうか?



★技術的には海上に原発を造れる。



 米軍基地を載せることができるくらいですから、メガフロートの上に、原子力発電所を載せることは問題なく可能でしょう。メガフロートには、それくらいの強度や浮力があるはずです。

 したがって技術的には、(構造上) 問題なく海上に原子力発電所を造れるはずです。



★「津波対策」「地震対策」も必要ない。



 原発で問題になるのは、「津波対策」や「地震対策」をどうするか、です。

 しかし海上に原発を造った場合には、このやっかいな問題は事実上、生じません。



 みなさんは、津波によって、海上を航行中の船が転覆したというニュースは、聞いたことがないでしょう? それはなぜだと思いますか? じつは津波というのは、陸から離れた場所、つまり海上では「波が小さい」のです。だから津波が発生しても、太平洋上の船は転覆しないのです。

 津波は、陸地に近づくにつれて波が高くなります。海上ではわずか数センチの波が、陸に近づくにつれて数メートル、十数メートルもの高さになります。

 したがって、海上にメガフロートを設置し、その上に原子力発電所を造った場合には、事実上、津波対策が不要になるのです。




 地震についても同様です。地震は、海上の船にはほとんど影響を及ぼしません。なぜなら船は海に「浮かんでいる」からです。

 したがって、海上にメガフロートを設置し、その上に原子力発電所を造った場合には、事実上、地震対策も不要になります。



★万一事故が発生した場合にも被害が小さい



 メガフロート上に原発を設置すれば、万一、原発で事故が発生した場合にも、被害が小さくなります。

 なぜなら陸上にある原発とは異なり、「付近に住んでいる住民がいない」からです。

 もちろん、原発で事故が発生した場合に、「海水が汚染される」という問題はあります。しかし、それは陸上に原発があった場合も、同じことです。福島第一原発の事故の際には、多量の汚染水が海に流れましたよね。したがって、この点はとくに問題視するにはあたらないと思います。

 他の国々も海のそばに原発を造っています。海のそばの陸上原発も、万一事故が起きれば、海水が汚染されることは同じです。したがって、海上に原発を造っても、他国からの非難は生じない(または生じ難い)と思います。



★海中から攻撃されるリスクも低い



 米軍基地の場合には、海中から攻撃される可能性を考えて、メガフロートはやめておく、というのは合理的です。

 しかし原発の場合には、話がすこし、異なります。

 他国が海中から原発を攻撃するということは、戦争になるということです。それなら陸上に原発があっても、同じです。陸上に原発があっても、ミサイルで空から攻撃すれば十分だからです。

 基地の場合には、攻撃されれば反撃する必要があります。その際、その基地が使えないと話になりません。しかし原発の場合には、そのような必要性がありません。ここが決定的な違いです。

 したがって、原発の場合には、海中から攻撃される危険性を「あまり考えなくてよい」といえます。



 そもそも、陸上に原発があった場合、その原発を攻撃されれば、付近の住民に被害が及びます。近隣住民は、放射能の危険にさらされます。

 しかし、海上に原発があった場合、その原発を攻撃されても、被害はたんに「停電するだけ」です。海の上には誰も住んでいないので、近隣住民は存在しません。放射能の危険にさらされる住民は、一人もいないのです。



★結論



 以上により、私は「海上にメガフロートを設置し、その上に原子力発電所を造ればよい。それが日本のとるべき政策である」と考えます。

 もちろん発電した電気は、海底ケーブルで陸上に送ります。



 私はこのアイデア、名案だと思っているのですが、みなさん、いかがでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対中関係を改善し得るのは自... | トップ | ブログにおける「選挙期間中... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とおりすがり)
2012-12-06 16:43:44
テロはどう考えますか?
Unknown (memo26)
2012-12-09 17:24:34
 たしかに、海上の原発をテロから守るのは難しいですね。

 しかし、そもそも原発がテロの対象になるのは、原発が放射能を撒き散らすからです。つまり近隣住民の命にかかわることだからこそ、原発はテロの対象になりうるわけです。

 しかし、海上に原発があれば、近隣住民はいないのですから、テロの対象になることはないと思います。

 万一、海上原発がテロの対象になったとしても、基本的には「停電するだけ」ですから、問題はないと思います。

 したがって、対テロ対策は不要だと思います。火力発電所がテロ対策を必要としないのと同じです。
Unknown (とおりすがり)
2012-12-10 14:23:29
テロの目的は、いくつかのパターンに分かれます。
・近隣住民の命(放射線汚染も含む)目的
・主義主張アピール目的
・放射性物質の入手目的

なお、停電するだけではなく、海洋汚染についても問題になります。場所にもよりますが、黒潮、親潮などに沿って拡散する場合には、外交問題に発展しかねません。

さすがにテロ対策は不要、というのは問題があろうかと。
Unknown (memo26)
2012-12-12 12:51:57
 「放射性物質の入手」を防ぐ必要性の面で、私の主張に欠陥があることはわかりました。御指摘ありがとうございます。

 しかし、私の主張がもつ「活断層などの問題がない」利点は大きいので、御指摘の問題の解決策があれば、海上原発を実現すべきだと思います。

 なお、「外交問題に発展しかねない」という点については、海上原発を「造る前に」諸外国との協議を行い、理解を得ることで解決可能だと思います。テロを行った者(組織)ではなく、テロを行われた側が非難される状況は、考え難いと思います。
同じ意見ですが (学生)
2015-08-23 10:49:54
僕も原子力発電所の解決策で同じことを考えていました。
そこで、既存の原子力発電所はどうするのだろうという疑問が湧きました。
まだ使える、多大なコストがかかったものを放置して、新たにさらなるコストをかけて難しい海上原発を作るという事はあまり現実的ではなく、結局解決にはならないのではないか。という疑問が湧きました。
ここについてはどう考えたら良いでしょうか?よろしくお願いします。

今ある原発をそのまま海上まで運ぶ技術があれば良いのですが…^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。