言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東電は福島第一原発を維持したいらしい

2011-03-30 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「東電会長が会見で陳謝、1~4号機廃炉を明言」( 2011年3月30日15時24分 )

 東京電力の勝俣恒久会長は30日午後、体調不良で入院した清水正孝社長に代わって記者会見し、福島第一原子力発電所の事故について、「広く社会の皆様に大変なご不安、ご心配をおかけしていることを深くおわびする」と陳謝した。

 同原発1~4号機について廃止せざるを得ないと明言した。

 その上で、同原発周辺に居住する被災者の生活支援に取り組むため、「福島地域支援室」を社内に設けることを明らかにした。

 また、農作物などの事故による損害賠償については、「国の支援を受けながら、原子力損害賠償制度に基づき、誠意を持った賠償の準備をしている」とした。

 計画停電については、電力需要が増える夏場に向けて電力供給の増強を図り、「回避すべくあらゆる努力をしたい」とした。


 東京電力の勝俣恒久会長が、福島第一原子力発電所の「1~4号機について廃止せざるを得ないと明言した」と報じられています。



 「廃止せざるを得ない」というのですから、

   「やむなく廃止する」
   「できれば廃止したくなかった」

ということです。つまり、「東電は福島第一原発を再稼働させたいらしい」という私の推測は正しかったといってよいと思います。



 さて、勝俣会長は「同原発1~4号機について廃止せざるを得ないと明言した」わけです。「1~4号機については」廃止する、ということです。つまり、

   「5~6号機については」廃止するとは言っていない

わけです。要は、

   「できれば5~6号機については発電を再開したい」
   「計画中の7~8号機は建設したい」

ということだと思われます。



 福島第一原発の再稼働(発電再開)は「社会的に」難しいのではないかと思いますが、それはともかく、



 「1~4号機のみ廃止する」というのですから、

   「1~4号機は設備がかなり損傷したために、廃止する」

ということです。

   1~4号機については「技術的に」復旧の見込みはない
           ( =「発電機能は復旧不可能」の意 )

と言っていると考えてよいと思います。



■関連記事
 「海水注入の遅れは資産保護優先が原因
 「福島第一原発の再稼働は難しい (東京電力の最善の利益)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放射線による人体への影響 | トップ | 過去に発生した津波の規模を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。