言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食品会社、福島県産トマト契約見送り

2011-04-11 | 日記
テレ朝news」の「【原発】福島県産トマト契約見送り 大手食品会社」( 04/11 )

 大手食品メーカーのカゴメと日本デルモンテが、福島県内で契約栽培していた加工用トマトについて、今年度の契約を見送るとJA全農福島に伝えていたことが分かりました。

 JAによると、両社は今月8日までに今年度の契約を見送る方針を伝えたということです。政府は福島県産の出荷を制限していませんが、加工用トマトは屋外で栽培され、夏に出荷となるため、日本デルモンテの親会社のキッコーマンは、「トマトの安心・安全の担保ができない」と話しています。また、カゴメは「1年間で検証し、安全が確認できれば、来年度はお願いしたい」と話しています。福島県によると、去年は196の農家が両メーカーと契約し、68ヘクタールを作付けし、約1億7000万円の売り上げがあったということです。福島県は「残念な対応」と話しています。


 カゴメと日本デルモンテが、福島県内で契約栽培していた加工用トマトについて、今年度の契約を見送るとJA全農福島に伝えていたことが分かった、と報じられています。



 福島県は「残念な対応」と述べた、と報じられていますが、メーカーの対応は「当然の対応」だと思います。

 「夏に収穫されるまで、安全かどうかわからない」わけです。収穫されたときに検査をして「安全ではなかった」ということになれば、メーカーはどうやって原材料 (加工用トマト) を手に入れるのでしょうか? どこか、他の産地から調達するほかありません。

 メーカーの場合、消費者(個人)が買うのとはちがって、「大量に」買うことになるはずです。とすると、検査結果が「どうなるかわからない」以上、メーカーが「今年度の契約を見送る方針を伝えた」のは当然だと考えられます。



 メーカーの対応は合理的な理由にもとづくもので、これは「風評被害」にはあたらないと思いますが、

 これも政府・マスコミの基準では「風評被害」にあたるのでしょうか?

 政府・マスコミがいう「風評被害」の定義が (私には) わからないのですが、今後、この種の事例がどのように報道されるかをみれば、次第に浮き彫りになってくると思われます。



■関連記事
 「「風評被害」の定義
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「食品による内部被曝線量」... | トップ | 地震が南下している? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。